若作りじゃない!10才以上若く見られる方法――ファッション編

 前回に引き続き、中年の私が20才前後のピッチピチのギャルたちとガチで同い年設定で生活する中で発見した、若く見られるコツを記事にしたいと思います。またこの記事は若作りというより若者の間に地味に紛れるコツですので、「若く見られなくていいからババア扱いされたくない」という女性にお楽しみいただける内容になっていると思います♡

若く見られる条件

 前回は若く見られる条件として以下のリストを挙げ、女性は若く見られるのが男性より簡単なこと、筋肉や動きが大事であることをお話ししました。

実年齢より若くみえる女性の特徴

  • ファッションや持ち物で年齢が特定しにくい(垢ぬけている、あるいは地味)
  • 話し方や声に特徴がなく、年齢が特定しにくい
  • 古い流行語も新しい流行語もあまり使わない
  • 姿勢がよくて動作が機敏
  • 筋肉がある
  • 深いほうれい線や白髪などの決定的な加齢のサインがない
  • 説教してこない、あるいは自信がなさそう

以上の条件を満たしていると、若くみられるというよりも、女性の場合外見で年齢を特定することが難しくなります。

 積極的に若く見える♡のではなく、年齢を判断する手がかりを消しているだけで実際には「いくつなのかわからない」状態なのですが、これが存外ババアを誤魔化すベースとして効果が高いので共有したいと思っています。

若く見られるファッション

 さて今回はファッション編です。いきなり結論をいうと、人に若いと錯覚させるには完熟した大人の女性に見せないことが重要です。しかし、

完熟した大人の女性に見えない=キャピキャピの若い子に見える

ではないことに注意が必要です。若い子と一言で言っても、全体に目を向ければキラキラしてない子のほうが圧倒的に多いからです。

大学生っぽい≠可愛くてステキ

 若く見られたいという人が、手っ取り早く若者らしい服を着ることで若作りしようとするケースは多いものです。


引用:アラサーちゃん 無修正 5

 このような女性に対し、峰なゆかさんがコミック・アラサーちゃん 無修正 5で指摘するように、

「よく大学生くらいだと思われちゃうんです」というアラサー女性は
服装と髪型が異常に大学性っぽいだけで
顔面は普通にアラサーだったりする
引用:アラサーちゃん 無修正 5

と、「勘違いするないう意見をお持ちの方も多いと思います。

 しかし若い人と一言で言っても老け顔の人もたくさんいるので、私は本気で大学生に間違われるアラサーは結構多いと思っています。髪型やシルエット、服装は顔面に並んで、年齢を判断する大きな手掛かりになるからです。

 でもだからと言って、「ババアと言われたくないばかりに、いつまでもキャピらなくちゃならないなんて疲れそうだな」とも思いますし、大体自分が10代のときだって、ちゃんとキラキラしてたか疑わしいです。

大人っぽいカジュアル

 というわけで服選びには頭を悩ませるのですが、今は10~50代くらいの幅広い年齢層の女性が着そうな、大人っぽいカジュアルな服を選べばいいと思うようになりました。その範囲に限定した上で、老けてみえない色合わせやアイテムを考えます。

 大人っぽいカジュアルと言っても、たとえば全身白や紺・黒など同じ色で統一してしまうと大人っぽくなりすぎてしまいます。若い人のファッションは割とごちゃごちゃしていますから、そうした人の中で浮かないためには、白やベージュの明るい色を基調にしたり、あるいは差し色を派手にするなどの工夫が必要です。

 また大人は無地の服を選ぶことが多いかと思うのですが、若い人は柄モノを好む傾向があります。出来るだけポップな色で面白い柄の小物を加えるのも、自然な幼さが演出できて効果的です。

 要は顔が老けてても全体的に古く見えなければ、姿勢や動作などの項目を加えた総合評価で、ババアを見逃してもらえるのです。若い子=きゃぴ(それ以外はババア)という狭い考えは息苦しいですし、女性の実態と合っていないと思います。

まとめ

  • 時代を感じさせるアイテムを持たない。
  • 若い子のファッションを安易にマネしない。
  • 幅広い年代の女性が着そうな、体がキレイに見える服を選ぶ。
  • 特別な主張のない、居心地のいいシンプルな服を選ぶ。
  • 統一感が出すぎないように、基調となる色を2色以上にしたり、柄モノの小物で外す。

 また細かいことを気にせずに、もっと手軽に可愛さを手に入れたいという方は、いっそ全身を若さの記号で覆ってしまうという手もあります。潔くすべて隠すことによって吹っ切れたカッコよさを醸し出すことが出来ますし、誰が着ても同じだという点では確実な効果が期待できます。

確実に若く見える方法

確実に若く見える方法

引用:Milanoo
 

以上、蜜でしたー♡ バイちゃ☆

SPONSORED