不器用な恋の処方箋②敗者の居場所のない世界

はい、お茶でもどうぞ! 蜜です☆

前回、あなたが狙う「普通の男」は予想以上に得がたい男性だということをお伝えしました。その上で、人々を分断しランク付けする、あの憎々しいモテヒエラルキーの枠を超越して!

完全なる!

モテる!

女に!

なる方法!

を、お話しするんでしたね☆ あ、ちがった、ランクを無視して男ゴコロをわしづかみにする方法でしたね、間違えました。(テヘ♡)

《不器用な恋の処方箋》

  1. 不器用な恋の処方箋①あなたが「まあまあの男」と付き合えない理由
  2. 不器用な恋の処方箋②敗者の居場所のない世界←今ココ

 

 

《登場人物》

 

モテモテのサツキの叔母。結婚20年目の男ゴコロマスター。高校生の息子がいる。リアルで見ると太陽の塔に似ている。

 

 

 

「大学に入ったら絶対彼氏作る!」とはりきって通学してはや2年。スミレのめい。美人なのにモテないのが悩み。

 

 

サツキ
私が男ゴコロを理解出来ないからモテないってことは、なんとなくわかった。
サツキ
でもさ、男の子ってどうしてあんなに、女の子を外見でランク付けして考えるのが好きなの? まるで心がないみたい! もっと人と人ってさ、性格とか趣味とか、内面的なことが大事なんじゃないの?
スミレ
そう…、女の子の言い分はもっともよね。何も間違ってないわ。でも男の子自体が、互いにランク付けして競争しないと生きられないの。だって女の子が認めてくれる「男」の数は、いつだって限られてるから。
サツキ
でもさ、モテない人は女の子にもいるけど、そんなに必死にモテようとしなくたって、それなりに楽しく生きられるよ?
スミレ
それはね、女の子は世間から、”弱くてもいい”って許されてるからなの。だからモテなくても同性同士で慰めあえる。それにモテない女の子だってうんと妥協すれば、付き合ってくれる男って必ずいるもの。
スミレ
男の子は女の子より、同性が敵になりやすいの。男の頂点に立てれば富も女も手に入るかわりに、負けたものは誰からも必要とされない。それどころか邪魔者扱い。男の子は、敗者の居場所のない世界に住んでいるのよ…。

あなたの心をつかむには

男は全てを受け入れてくれる女を求める

強くなければ居場所を与えられない辛さ

社会システムの問題なのか生物としての運命なのか、男の子は勝者と敗者の落差が激しい人生を強いられます。

「めそめそ泣くのは女々しいぞ」
「男の子は優秀でなくっちゃ」
「いつまでも小さなことにこだわるのは男らしくないぞ」

など、母親の手から離れた男の子は、まずは父親から、あるいは所属する組織の年長男性から、男社会に適応するすべを教えられます。

「男らしさ」は男の子に、心を無視することを強要します。強くなくては「男」として認められないのです。傷ついたり、怖れたりする気持ちにはフタをしないといけません。そう、自分の心にも他人の心にも鈍感であれば、強いフリは簡単です。

空気を読まない男の子、
デリカシーのない男の子、
暴走しがちな男の子…

多くの男の子は内省しないこと、過去をふり返らないこと、他人の傷をかえりみないことなどで手っ取り早く強さを手にしようとします。それは負けることが許されない厳しい環境に適応するための必死の努力なのです。

男の子は決して鈍感なのではありません。戦って勝つために、自分の傷も他人の傷も、見ないようにしているだけなのです。

癒しを求める男の子

男の子が女の子を求める本当の理由は、性欲ではありません。戦わなくていい場所、安心できる自分の居場所を女の子の中に求めているのです。同じ戦場で戦う同性には、たとえ仲間であっても弱音を吐くことは出来ません。彼らの仲間であり続けるためにも、強くなくてはならないのです。

男の子は居場所が欲しい

男の子の欲しいものは全肯定

男の子が求めているのは、上の絵のように自分を全肯定してくれる存在です。

あなたはもう十分、頑張ってきた
私の前では、肩の荷を降ろしていいんだよ

と言って、何も求めないで側にいて欲しいのです。また男の子が飢えているのは、存在そのものを誰かに必要とされることです。私たち女性と違って、男性はよほどのイケメンでもなければ、存在そのものを異性から求められることはありません。能力やお金、労働力だったり、何かの役に立たなければ必要とされないのが普通の男の子です。

男の子は「ただあなたの側にいられればそれでいい、他に何もいらない」と女の子から言われることを切に望んでいるのです。男の子向けの大人の本では、そんな男の子の心の穴を満たしてくれる女の子がたくさん登場するのを知っていますか? 男の子は女の子に必要とされて、欲望もかっこ悪さも全て受け入れてもらって、そのことを心の拠り所に生きていきたいと思っているのです。

必要とされて、初めて居場所が得られる

好きでいてくれる相手だったら誰でもいい
サツキ
あなたのそばにいられれば、それでいい…か。そんなに簡単に人のこと好きにならないし、男に振り回されてドレイみたいになるの嫌だよ。私だって自分の人生があるし、色々忙しいもん。
スミレ
そうだよね。普通の女の子は、男の子を否定しないように付き合うなんてことは出来ないわ。女の子にとって、男の子なんて本来いなくてもいい存在だしね。でもね、だからブスやメンヘラにもイケメンを落とすチャンスがあるとも言えるのよ。
サツキ
え? ブスやメンヘラにも、イケメンを落とすチャンスがあるですって?!
スミレ
どんなにモテるイケメンも彼女に不満を抱いているわ… はじめは一緒にいるだけで満足してくれた彼女も、付き合いが長くなるにつれて、やれもっと私の話を聞けだとか、やれその服ヘンこの店ヤだとか、口うるさく文句を言い出すから。
サツキ
それ、普通だよ! 何の見返りも求めない付き合いなんて、出来ないよ! 付き合ってんだから愚痴を聞いてもらったり、趣味を合わせてもらったりしたいですよ!
スミレ
極端なこと言うと、男の子は「オレはやるだけで満足なのに、お前は違うの? お前もやるだけで満足してくれよ」って、本音では思ってるんだよ。互いのカラダがあればいい…俺とお前で溶け合うメイキンラブ♡この瞬間は永遠だよ♡とか考えてる、ロマンチストなんだよ。
サツキ
~~~ッ!!!! え、キモい。人は人間ですよ?! やるだけじゃなくて、どっか行って思い出作ったり、話したりしたいよ!
スミレ
男は女と話なんてしたくないのよ…。どうせ女に何話したって、理解しようとせずに頭ごなしにバカにしてくるって思ってるのよ。でももし、何を話しても否定してこない、オレに何も求めてこない女だとわかったら、犬みたいにまとわりついてくるわよ。
スミレ
女の子の最大の武器は、男の子の居場所になれること! だから「私はあなたを否定しない女よ」って男に示せれば、ブスでもメンヘラでも、イケメンをメロメロにして結婚まで持ち込むことは理論上可能だよ。

それ可能だって言えるの?

それは恋愛じゃなくて奉仕活動では? 
いくらイケメン相手でも、そこまで我慢して男に付き合うことなんて出来ないよ!!

まとめ

まとめ

  • 男の子がさらされている、厳しい競争社会を理解する。
  • 女の子の最大の武器は「男の子を否定しない存在でいること」。
  • 自分の気持ちを置いといて、ひたすらに相手の幸せを願うこと。
  • 男の子は全肯定をくれる相手を神格化する。
  • 女の腕の見せ所はここから始まる。恋愛が難しいのは、本当は心を開かせてから。

 モテに悩む女の子のみなさん、色々書いてきましたがモテるって、本当は難しいことではないんですよ! 恋愛しよう、男の子に好かれよう!と意気込むと、そのとたんに欲が出て、その欲や自我があなたの魅力を削いでしまうだけなのです。

男なんてしょーもない、どーでもいい、でも使えれば腹の足しにはなるかなって思ってください。

男に気持ちをわかってもらおう、助けてもらおうって思ってるうちは、重くてウザくて幼稚な雰囲気を醸してしまうので、顔がよっぽどよくない限りモテるようにならないです。

実はこの記事で書いたことは、「恋愛なんて興味がない、男も色々大変ね、ま私と関係ないけど!」と思うことで一瞬で達成できるんですよ♡

頑張ってください。ここまでは気持ち一つで、どうとでもなることですから。

以上、蜜でした!

《不器用な恋の処方箋》

  1. 不器用な恋の処方箋①あなたが「まあまあの男」と付き合えない理由
  2. 不器用な恋の処方箋②敗者の居場所のない世界←今ココ

SPONSORED