ケース②苦しみながら過剰適応【普通の女の”女”との付き合い方】

まったく悩みなく”女”をできているようにみえる女たちも、みんな本当は悩んでいる――。

だけどその悩みがなぜかあまり共有されないので、みーんな悩んでるんだということがわかりにくくなって孤立を生んでいるんですよね。

なので、普通の女がどうやって”女”をやっているのか、思いつくだけバリエーションを具体的に書き挙げてみることにします。

ケース一覧はコチラへ
普通の女の”女”との付き合い方

SPONSERED

 登場人物

サツキ

サツキ

大学2年。美人なのにモテないのが悩み。サツキのめい。
ブリトニー

ブリトニー

サツキと同じ大学のぶりっこ。モテくそ地獄の住人。
スミレ

スミレ

モテモテのサツキの叔母。結婚20年目の男ゴコロマスター。高校生の息子がいる。

ケース②苦しみながらも過剰適応

このタイプの女は、男によって作られた「都合のいい女」の虚像に、頑張ってみずからハマりにいってしまいます。

周囲の期待を敏感に感じ取って、身も心も「かわいい♡セクシー♡」など”女らしさ”で上書きしようとするも、湧き上がる違和感や絶望をかき消すことは出来ません。

ブリトニー

私はこのタイプが強め。

SPONSERED

過剰適応①アイドルタイプ

今にも崩壊しそうな心をなんとか保つために生み出したのは、被り物の”女のコ”と中の自分を切り離して考えることと、作り上げた”女のコ”の完成度にナルシシズムを感じること。

これもイラストにしてみたので見てください。↓

このタイプの苦しみは、大森靖子さんの楽曲に多く見ることができます。

上の絵は「IDOL SONG」を思い浮かべながら描きました。↓


サツキ

この曲を聞くならAmazon Music Unlimitedがオススメ! ※2020.10.29配信確認。

月々たった千円以下で、人生の質が上がる! 私はアレクサで、好きな曲を目覚ましにしてるよ。

それでは、歌詞を見ていきたいと思います。

考察:「IDOL SONG」

「IDOL SONG」はすごくよく出来た風刺になっていて、若い女が狂乱の中で人間性を捨てて”キャラ”に徹しようとする様子が、ヒステリーにも似た高揚感を持って歌い上げられています。

えくぼは恋の落とし穴 夢中にさせちゃうぞ

埼玉県からきました フレッシュレモンになりたいの一

ファンの方が恋人です

真面目なアイドル 真面目にアイドル

年中無休 24時間ずっと笑顔で うさちゃんピース

引用:大森靖子「IDOL SONG」

”キャラ”はおっさんを安心させる「古い女」から外れてはダメ。出せる手は非常に限られており、大勢いる似たような仲間と差別化させるのは至難の業です。

回復しないHPをすり減らして戦う若い女のデスゲームに、聴いているこちらのほうが動悸、息切れ、倍速で加齢。

みるくとみゆきを混ぜるだけ あっという間…みるきー

ちちんぷいぷい魔法にかーかれ あっかかっちゃったー

トイレなんて行ったことないよ ピンクのマシュマロがでまーす

3時のおやつはマカロンが良き ふわふわガール目指しちゅう

引用:大森靖子「IDOL SONG」

↑の部分は実在のアイドルのキャッチフレーズをコラージュしたものです。

かけがえのない自分自身を、これでもかと商品化して売ろうとするアイドルたち。

このように集合させてみると、「アイドルの自主性」のウソがあきらかになり、彼女たちを追い込むものの存在が見えてきます。

ねえアイドルがたのしい

いっぱい愛が舞ってる

ステージから見る景色がずっと宝物さ

引用:大森靖子「IDOL SONG」

アイドルの実態は男が夢を見るための消耗品で、遅かれ早かれ全員が”不用品のババア”として社会から締め出されてしまいます。

だから↑の歌詞のように、アイドルたちは自分たちの自主性や永遠性をことさらに強調するのです。アイドルになりたい、自分は楽しんでいると。

そうすることで、男の罪悪感をも癒してしまいます。人を商品のように陳列して次々に使い捨てにしていく残酷な自分自身に、男たちは傷ついているのですから。

こうして男は、かすかによぎるうしろめたささえも”キャラの奥行き”とか”甘酸っぱいときめき”に変換して、どこまでも女をモノ化しながら貪欲に消費しつくしていくのです。

ブリトニー

くわっ、しにてぇ~!!!

スミレ

泣いても喚いても、ペットか何かがキャンキャン吠えてるくらいにしか思われないのよね。死にたい気持ちってホントは、目の前にいる男とみじんもコミュニケーションが取れないことへの絶望なんじゃないかな。

過剰適応②:セクシー女優タイプ

セクシー女優タイプの過剰適応をする女は一見、ブリっこの対極にいるように見えますが、どちらも男が求める”女”になりきろうと頑張る点では似ています。

私には”性”しかない

性に優れてることが強くてカッコいい女

この身体一本でのし上がってやろう

そのうち一流のスタッフと仕事ができるようになって 天職だと思った

引用:津島隆太「セ ス依存症になりました。」

自分の体をモノ化する心の痛みに気付かなかったり無視できるうちは、このタイプは調子がいいのです。「女ってトク!」とさえ思うかもしれない。

ですが、体を道具にして他人に弄ばせてしまうと、知らないうちに自尊心がどんどん削られていってしまいます。

でもひとりになると 世界中の人が私を嫌っていて

死んで欲しがってる そんな妄想が襲ってきて

誰か助けて 苦しい… 誰でもいいから

身体だけでもいいから こんな自分でも

必要としてくれる人の所に行かなくちゃ…

引用:津島隆太「セ ス依存症になりました。」

↑この人はグリーンさんという名のキャラクター。彼女は元上司との不倫がバレて会社をクビになり、そのショックがきっかけとなって多くの男と一夜限りの関係を重ねるようになってしまいます。

はじめは男を振り回す女になって、彼のことを忘れたいと思っていたグリーンさん。しかし自分を粗末にするうちに、心がどんどん空虚になって追い詰められていきます。

カラダという最も私的な領域を、不特定多数の他人に踏み荒らされてしまうと、自分と他人の境目があいまいになって心を守れなくなるのです。

また、こういう精神状態の人にパートナーがいた場合、相手の愛情を確かめることで自尊心を回復させようと試みたりします。

しかし、自分を大切にする方法を忘れてしまった人は、他人のことも大切にできません。たとえば限界までわがままを言ったり、しつこく依存したりして相手の領域を乱暴に侵害してしまい、自分から関係を壊してしまいます。

このように、自分という境目が荒らされてズタボロになると、人と健全な関係を築くのがとても難しくなります。

SPONSERED

まなざされることに嫌気がさしたら

スミレ

ちなみに女でいることに気が滅入ったときは、日本画家の松井冬子さんの絵を見るといいよ。

スミレ

グロ苦手な人は注意! でも、女を見る男の視線って、客観的にみるとこんなに残酷なんだぞって描いてくれてて、胸がスッするよ!
created by Rinker
Nhk エンタープライズ
¥4,935 (2020/11/25 08:07:36時点 Amazon調べ-詳細)

松井冬子さんの絵ってグロいけど、表情がコミカルというか、見てると結構笑えるんですよね。

「完全な幸福をもたらす普遍的万能薬」の貴婦人の肖像なんて、「そうだ! ミソジニーでガンギマリになって、そんでもって結婚とかしちゃえば、もはや差別に苦しまなくてすむんじゃね…? …ダメ!やっぱ染まりきれない!! こうなったら物理的に思考を停止させるしか~ッッッ!!」と言わんばかりに脳神経見せびらかしながらニヤついてて面白いですよ。

松井冬子さんの絵を味わう

松井冬子さんの絵は好きだけど、内臓ぱっかーんしてるし強烈に頭に焼き付いちゃうんですよね。こわがりキッズのみんなは辛いかも。

なので見れない人や見たことない人のために、一旦マイルドな感じに紹介してみたいと思います。↓下のイラストは「浄相の持続」と「終極にある異体の散在」です。

ちなみに「浄相の持続」は仏教の九相図をモチーフに描かれています。九相図とは女のなきがらの宗教画のことで、男が女への執着を断つ修行のために使われました。

でも、いたいの尊厳をうばってまでずーっと観察を続けていたら、かえって執着って増すんじゃないですかね!?「生きていようがいまいが関係ねぇ!お前ら最後までモノとして使い倒すからな!」みたいに、なんか完全に女をモノとしてみなす方向に思考が強化されちゃいそう。

松井さんの絵から感じるのは、まなざす男たちに対する怒り。女を美として消費するって、本当はすごく残酷なこと。まるで「私を見るお前らの表情、超キモい…」という声が、聞こえてくるかのよう。

スミレ

気になる人は松井冬子さんのHPにいってみてね! 今取り上げた作品が見られるよ!

まとめ

まとめ
  • ”女”の外見と自分を切り離すことで正気をたもつ。
  • 人をモノとして愛でてなんとも思わない男はきちく。
  • ”女”になるとは、自分という領域を限界まで人に明け渡すこと。
  • バリアが解けると自我が保てなくなる。
  • 女がひどい目にあったって、男にとっては”美”。
ケース一覧はコチラへ
普通の女の”女”との付き合い方