ケース③名誉男性化【普通の女の”女”との付き合い方】

まったく悩みなく”女”をできているようにみえる女たちも、みんな本当は悩んでいる――。

だけどその悩みがなぜかあまり共有されないので、みーんな悩んでるんだということがわかりにくくなって孤立を生んでいるんですよね。

なので、普通の女がどうやって”女”をやっているのか、思いつくだけバリエーションを具体的に書き挙げてみることにします。

ケース一覧はコチラへ
普通の女の”女”との付き合い方

SPONSERED

 登場人物

サツキ

サツキ

大学2年。美人なのにモテないのが悩み。スミレのめい。
ブリトニー

ブリトニー

サツキと同じ大学のぶりっこ。モテくそ地獄の住人。

ケース③名誉男性化

名誉男性についてググってみた

ツイッターなどで目にする「名誉男性」という言葉。よく考えたらどんな意味か知らなかったので検索してみると、こんな説明が出てきました。

フェミニズムとは対極的な立場にいる女性を指す。男性ではない。

原義では「男性社会の中で特権的な地位を得た女性」を指す。

引用:ピクシブ百科事典「名誉男性」

以前の記事で描いたイラストでいうと、穴の上から女を見下ろすこの人のことでしょうか↓。

ネットに上がっている人々の声を読んでいたら、そういえばお笑い芸人のブルゾンちえみさんって、実は名誉男性のカリカチュアだったんじゃないかと気づきました。

ブルゾンさんの演じる西洋かぶれのキャリアウーマンが笑いを取ったのは、欧米的フェミニズムや名誉男性に対して、多くの人が違和感を感じていたからではないでしょうか。

移民の女性に家事育児をぶん投げて達成する男女平等や、「恋にキャリアに全力投球!」とか、ほんとはちょっとウソっぽいですもんね。

あとは、女を男性的価値観でもって責めるタイプの女も、名誉男性と言われているようでした。たとえばこういうのとか↓。

田房永子「男社会がしんどい~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~」
引用:田房永子「男社会がしんどい~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~」

そんな扱いされて悔しくないんですか?

自分の身は自分で守りなさい

痴漢は卑怯ですけど 言わないあなたにも責任があると思いますよ

引用:田房永子「男社会がしんどい~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~」

サツキ

田房さんの本は全部オススメ! みんな読んで!!

SPONSERED

わかってきたので図解します

なんとなく実体がつかめてきたので、イラストにしてみました↓。名誉男性とは、次のような価値観を持った女のことかなと思います。

ネットで見る限り、名誉男性と言われている女は美人、能力や地位の高い女、子持ちなど色々なパターンがありましたが、共通しているのは彼女たちの考え方でした。

発言が差別的なだけでなく、彼女たちはそれを人に広めようとするらしいのです。具体的に言うと、セクハラや性暴力の被害者を責めたり、子供を産め結婚しろと同性に勧めたりしてくるなどです。

こちらが「ムリだ、現状できねぇ」って明に暗に言ってるのに、「出来るでしょ?やりなよ?」とグイグイくるので、多くの人の反感を買ってやり玉に挙がってしまうのですね。

なぜ名誉になってしまうのか

こうやってみてみると、名誉男性って古い教えを真面目に守ってる人のことですよね。まるで村の掟をみんなにリマインドして、秩序を守らせる係みたいな。

ただ、現代は既存の”ルール”を見直そうとか、自分たちに合った納得いくルールを作り上げよう、という流れが主流になってきています。

よりよい時代になるのかも知れないけど、変化が苦手な人にとっては世の中が変わること自体が苦痛。

たぶんこのタイプの人は、他の人の立場になって考えるとか、話し合いで物事を決めたりするのがもともとちょっと苦手ですよね。ルールを新たに作るより、すでにあるものを守るほうが得意なのです。

また、意見を言ったり自分で考えることをずっと押さえつけられてきたから、今さら自由を与えられても…という人も多いでしょう。

「結婚しろ女は黙って子を産んでおけ」などの言葉は、相対化されてみんなの中のひとりになんかなりたくないという、かつてのマジョリティの悲鳴なのかも知れません。

SPONSERED

攻撃性と従順さが同居する

しかし、名誉男性を「ただの不器用で古風な人」と捉えてしまうと、あの攻撃性と従順さが同居する不思議な感じの説明がつかないんですよね。

考えながら書いていたら、ちょっと長くなってしまったので記事を分けました。↓

マジョリティという幻想と快感:名誉男性を考える

まとめ

まとめ
  • 名誉男性とは男社会の価値観を内面化した人のこと。
  • その世界は、まとも・必要悪・まともじゃないヤツで構成されている。
  • 名誉男性は時代が急激に変わる今、周りから責められがち。
  • 批判されることが何より嫌いで名誉になったから、対話が重視される現代がツラい。
ケース一覧はコチラへ
普通の女の”女”との付き合い方