大幅にリライトしました!

自炊本(PDF)からハイライトを抽出してEvernoteで読書ノートを作る方法

ハイライト選択

こんにちは、蜜です!

この記事では、自炊本(PDF)からハイライトを抽出して読書ノートを作る方法についてお伝えしたいと思います。

注意

PDFにハイライトをつけるには文字認識(OCR)処理が必要です。

「OCRって何ぞ?」という方は、先にコチラの解説をどうぞ↓

自炊の全工程をスッキリ解説!裁断からスキャン、文字認識(OCR)まで

SPONSERED

1.ハイライト一覧を呼び出す

今回使用するPDF編集ソフトはJUST PDFです。

ページの差し替えや複数PDFの統合など、自炊に必要な機能がすべて揃っていて、価格はAcrobatの半年分なので大変お得です。

created by Rinker
ジャストシステム
¥8,131 (2019/09/22 21:51:23時点 Amazon調べ-詳細)

まず、ハイライトを抽出したいPDFファイルを開いたら、画面下の「注釈(水色の吹き出し)」マークをクリックし、注釈パネルを開きます。

ハイライト一覧が表示されますので、ページを確認しながら任意のハイライトを呼び出します。

注釈検索

2.ハイライトをコピー

画面上部にあるツールバーから「選択ツール(矢印マーク)」ボタンをクリックし、コピーしたい箇所をドラッグして選択します。

ハイライト選択

なお、ハイライトの上ではポインターがI()に変わらないので、

  1. ハイライトの少し前からコピー
  2. ハイライトの後ろから、さかのぼるようにコピー
  3. 一度ハイライトを消してコピー

の、いずれかの方法を取ってください。

ちなみにコピーのショートカットは Ctrl + C です。

SPONSERED

3.Evernoteにテキストをペースト

Ctrl + Cでクリップボードに保存したテキストを、Ctrl + V でお好きなメモ帳などにペーストします。

ここではEvernoteのデスクトップ版アプリにペーストし、読書ノートを作る方法をご紹介します。

新規ノートを作成

Evernoteを開いたら、画面上部の「新規ノート」をクリックします。

新規ノート

一行目は自動的にノートのタイトルになるので、本の題名や出版年、作者などを入力します。

一行目が自動的にタイトルに

また、下の処理をしておくと、後から引用が探しやすく便利です。

  • 引用の前後に Ctrl + Shift + - で水平線を引く
  • ページ番号を記入する
  • ペーストする際は  Ctrl + Shift + V で書式を合わせる

ペーストしてスタイルを合わせる

以上で自炊PDFからコピペしてEvernoteに読書ノートを作る方法の説明は終わりです。

おまけ:行末の改行を一括消去

自炊PDFをコピペする際、事前に設定しておかないと行末に改行が入ります。

文字認識をやり直せる場合

PDFへの書き込みをすべて消して文字認識をやり直せるのであれば、読取革命をお使いの場合は

メニューバー「領域」→「属性変更」→「変換」タブ

で、改行なしにチェックを入れてから認識を行います。

読取革命をお使いの場合は、下のサイトを参考にしてください。

参考 認識結果に不要な改行を挿入しないようにしたいPanasonic

TeraPadを使った改行の消去方法

すでに行末に不要な改行が入っているPDFからコピペしたテキストの場合は、高性能なテキストエディタで改行を一括消去することも出来ます。

ここでは無料テキストエディタ、TeraPadを使って説明します。

この場合はEvernoteではなく、まずはTeraPadにコピペしていきます。

不要な改行を消去
  1. ページ番号を@などで囲む
  2. 改行を一括消去
  3. @を挿入したところで改行し直す

ページ番号を@などで囲んでおく

改行をすべて消去してしまうと、引用が全部つながってしまうので見にくくなります。

ですので後から改行し直すために、引用をコピペしつつページ番号を@など本文中に出てこない記号で囲んでおきます。

例:@p.53@

ページ数を@などで囲む

改行をすべて消去

次に、画面上部のメニューバーから

「検索」→「置換」

で、「置換ウィンドウ」を呼び出します。

そして下の画像を参考にして、

「検索する文字列」→ ¥n

「オプション」→「¥n=改行、¥t=TAB…」にチェックを入れ、

「すべて置換」をクリック

※¥nは改行の正規表現です。

すると、改行なしのテキストが出来上がります。

@を改行に変換

次に、@を改行に変換します。

こちらも下の画像を参考に、

「検索する文字列」→@

「置換後の文字列」→¥n

を指定し、「すべて置換」をクリックします。

@を改行に変換

変換後のテキスト

改行後テキスト

ページ番号前後に挿入した@が、改行に変換されたことを確認します。

Evernoteに貼り付けて水平線を引く

下の画像は、TeraPadで改行しなおしたテキストをEvernoteに貼り付け、水平線を引いたものです。

改行後evernote

以上で説明は終わりです。

以上、蜜でした!