大幅にリライトしました!

自信のある女はモテる!「女は選ばれるもの」という意識を捨てよう

ルミネポスター2013夏

ルミネポスター2013夏

ゆるぎない自信は余裕を生み、余裕のある人はモテるもの。

では、どうすればそんな自信のある人になれるのでしょうか?

今日はその方法をお伝えしたいと思います!

SPONSERED

”女らしく”自信なんて持てない

結論からお伝えすると、俗にいう「女らしさ」から距離を取れば取るほど、女は自分に自信を持てるようになります。

街でよく目にする広告は、「女らしくなって自信をつけてモテよう」、みたいなことを言うんですけど、本当は逆なのです。

ラジオのパーソナリティやコラムニストを務めるジェーン・スー氏はこう語ります。

女らしくない自分は不完全だから、自分に自信が持てない。

自分に自信が持てないのはつらい。

だから「女らしさ」を手に入れて自信をつけよう。

一見、至極まっとうな考え方ですが、これは罠です。

なぜなら本章にもあるように、自信満々な女は女らしくないとみなされるから。

なんというバグでしょう!

女らしくなればなるほど、女らしくない自分が抱えていたのと同質の不安が募ってくるなんて。

誰が考えたのか知りませんが、女らしさは女から自信を奪う非常に秀逸なシステムです。

引用:『女に生まれてモヤってる! 』中野 信子 、ジェーン・スー 著

created by Rinker
小学館
¥1,430 (2019/10/18 19:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

「女らしさ」の副作用で自分を見失う

誤解して欲しくないのは、私は女らしい自分が好きだし、人を心地よくさせる特性を素晴らしいと思っています。

女らしさは女を「普通」で「いい人」に見せてくれるので、初対面の人に余計な警戒を持たれなくて済みますし、控えめでよく気がつく女らしい人はみんなに好まれます。

しかし、女らしさには、女の自信を奪い、生きにくくさせる副作用があります。

女らしさの最終形態は地縛霊

私はルミネのきゃわわな広告を見るとだんだん息苦しくなってくるんですけど、たとえば下は2013年夏のポスターです。

ルミネポスター2013夏

引用:Lumine Magazine>ルミネ広告舞台裏>2013年夏広告メイキング

モテる人間ってうらやましい。

愛される人間って、尊敬する。

このポスター、私はすごく怖いんですけど、「待ってるのに選ばれない!!」みたいな怨念を感じてしまうんですよね…。

控えめで、相手を不快にさせないことを第一とする「女らしさ」を全力で体現しようと努力すると、最終的にモテとか愛されに取り憑かれて心がからっぽになってしまうんですよ!!

SPONSERED

人目を気にせず没頭するから心は満ち足りる

女らしさのなにが危険かって、相手の反応を過剰に期待するようになっちゃうところですよね。

モテとか愛されをゴールにしてしまうと、結局服買うときも進路を決めるときも、いつも人がどう思うかを基準にするしかなくなります。

本当は、人の目を気にせず自分がやりたいことに没頭しないと、人生は楽しくならないんです。

「誰かから見た正しさ」とか「受け入れやすい自分」を目指していると、だんだんどうすれば自分が満足するのかわからなくなってきます。

すると、不満があったら相手のせいにするしかないし、愛されとかモテをかき集めて心のスキマを埋めるしかなくなってしまうんです。

モテるとたかられるは似ている

そんな空虚な生き方と引き換えに、男と信頼関係を結べたり、同じくらい尽くしてもらえる関係が築けたりすればまだいいんですけど、実際はそううまくはいきません。

矢里満ちゃんっていい女だよなー

ほんと(都合)いい女だよなー!!

こんな(都合)いい女滅多にいないよ~

「いい女」=「都合のいい女」

引用:『アラサーちゃん 無修正』(2)峰 なゆか著

男に好かれるように見た目や態度が女らしくなるように努力して、だんだん褒めてくれる人や誘ってくれる人が現われるようになった。

けど、おかしいな、モテてるはずなのに満足感が得られない。相手は私を受け止める気がまったくないな…?

というのは、女の子がよく陥るパターンのひとつです。