優しさと非暴力で人を集めるINFJ

MBTIの16タイプの中で、もっとも複雑で難解だとされるINFJ。

社交的かと思いきや内向的だし、衝動的だと思ったら計画的。真逆の要素が同居しすぎて、自分でも自分の輪郭がとらえられないタイプだと言われています。

私もおそらくINFJで、ネットでこのタイプについて調べるうちに少しずつ自分のことがわかるようになってきました。

このシリーズでは同じくINFJの人に対して、生き方のコツとか、よく起こる状況について「これってこうだよね?」と図解などしていきたいと思います。

※この記事は私の経験にもとづく考察です。私がINFJではない可能性もありますし、理解が間違っているところもあると思いますが、それを踏まえて楽しんでいただければ嬉しいです。

INFJはどのようにリーダーになるのか

SPONSERED

登場人物

コスモ

コスモ

INFJが「アレな聖人」とか「闇の住人」とか、「一番敵に回したくないタイプ」と言われる状況を打開すべく生まれた。

人を集めるINFJ

INFJは知らない人にもちょっと声をかけたり挨拶するほうだと思うんですけど、一人でぼーっとしていても、知らないうちに人が集まってくることが多いと思います。

もう一度、前回描いた漫画を持ってきますね↓。

ぼーっとしているのに忙しいINFJ

ぼーっとしているのに忙しいINFJ

新しい環境で友達を作らなければならないとき、もちろんピンポイントで「ノリが合う人! オシャレな友達が欲しい!」と行動できる人もいるでしょうけど、そうじゃない人も多いですよね。

INFJは避難所として機能しがち

まず切実な願いとして、孤立したくないから居場所が欲しい。それから自分をよく知らない人から、頭ごなしに否定されたり、傷つけられたくない。INFJはそういう人を秒で引き寄せます。

初対面の場って不安が強いのか、人を値踏みするように見たり、褒め言葉なのか嫌味なのかわかんないけど外見に言及しちゃったりする人って結構いて。「美人さん~!」「オトナっぽ~い!」とかね。

言うほうも緊張して思わず口から出ちゃうんでしょうけど、外見とか雰囲気についてズバズバ口にされると、言われたほうは傷つく可能性もありますよね。

表面上は褒め言葉だったとしても、あとから「化粧が濃いって意味だったんだろうか…」とか「老け顔ですねって言いたかったのかな…」などと、ずっとモヤモヤ引きずってしまったりしますもんね。

INFJはこういうとき、場に圧倒されて個々の人を見ていないか、あるいは人を傷つけないように視線や表情をニュートラルになるように制御していたりして、どっちにしろ情報過多でぼーっとしているので、人が集まってきやすいと思います。

SPONSERED

INFJの人間関係はパブリック

INFJは人を集めますが、どちらかと言うと多様性を保ったままグループを大きくする傾向があります。メンバー同士は協力的であるもののつながりはゆるく、個々に活動している人たちがたまたま一緒にいる感じ。

INFJは人当たりはいいですが、ずっと人とは居られないタイプ。人に関心があって集団行動にも憧れるんだけど、疲れちゃって長居は出来ないんですよね。

親しみやすい雰囲気だから、濃密な人間関係を好む人を引き寄せるんだけど、本当の意味で彼らの期待に応えることは出来ないのです。たとえば、会えばすごく親切にするし楽しそうに振舞うんだけど、プライベートの誘いをことごとく断ってしまうとか。

結局それが相手を混乱させたり、偽善者と思われたりして、人によっては離れていってしまいます。

だからINFJが所属するグループは、パブリックな空間になりがちだと思います。そもそも人と協力するのが好きな人が集まってくるし、その中で排他的な人間関係を望む人は自分から離れていくからです。

パリピと陰キャを同時に召喚する

それからこれはINFJの人間関係の際だった特徴だと思うのですが、メンバーのキャラの幅が広いです。

一見パリピの王みたいに見える人から、BLファンや小説書くのが趣味な人、さらに部活の鬼まで、同時に一つのテーブルに集めてしまいます。

INFJは単独行動が目につくのに、次に会うと急に人をゾロゾロと引き連れていたりするので、このギャップに驚かれることが多いです。たとえば教室でポツーンと座っていたかと思うと、毛色の違う人たちがINFJを中心に次々にテーブルを埋めていくので、それを見てキョトンとしてしまう人もいる。

人気者になりたい人から目をつけられる

INFJは単体で目立つわけではないのですが、この人を集める性質のせいで注目を集めてしまうことがあります。人は人の流れに敏感で、特に大きな集団の動向は気になるからです。

人に理解されず「おかしい」と非難されることが多いINFJは、普段からあまり目立たないようにしているんじゃないかなと思います。だけど集団の中心にいると、どうしても関心が集まってしまうんですよね。

そしてそのせいで、「人気者になりたい人」のターゲットにされることがあります。地味だしポンコツっぽいのに大勢の人にチヤホヤされて、それでいてドヤるわけでもなく淡々としている人を見ると、劣等感を刺激されてしまうんですね。

私はたまに「堂々としている」と人から責められる(?)ことがあるのですが、たぶんいつもどこか他人事で、自分の感情を味わえないからそう見えるのかなと思います。人に囲まれても「好かれて嬉しい!」とかは、そんなに思わないんですよね。情報過多でそれどころじゃないし。

親切は自分のためだけど伝わらない

「人気者になりたい人」はINFJの親切も、人気取りためにやってるんじゃないかとか、策士なんじゃないかとか疑うみたいです。

確かに親切には超利己的な動機があって、「人が傷つくのが見てられないから、みんな仲良くして欲しい」とか「一人一人が得をすることが私(全体)の得」と思って行動しています。言葉にしてみると超善人みたいなんですけど、こう考えてしまうのは実はいい人というより、自分と他人の区別がつけられないからなんですね。

他人の気持ちに染まってしまうのは、ある意味自分を失っているとも言えるから、自分の人生を生きられないということでもあるんですけど、そうじゃない人にはこの「どうにもならなさ」がわかんないんですね。私の方は、自分の気持ちを優先出来る人をまぶしく思ったり、逆になぜみんなの利益になるように動かなくて平気なんだろうと疑問に思ったりしています。

このあたりの話は少しドラマみたいだし読んで面白いかなと思って、人気者になりたい人とINFJのエピソードを描いてみました↓。

人気者になりたい人とINFJ

次回は、INFJが作るグループの何に惹かれて人が集まってくるか、それからINFJの独特の場の制御方法についてお話したいと思います。

SPONSERED

まとめ

まとめ
  • 人は悪口を言われることを恐れている。
  • 無意識のうちに人を批判する人は多い。
  • INFJは人が好きなのに消極的だから人を呼び寄せる。
  • INFJはいい感じのパブリック空間を作りたがる。