大幅にリライトしました!

32式情報生産術

この記事では大量の情報を管理し、効率よくアウトプットを行うために私が行っている方法をお伝えしたいと思います。

私の名前(蜜=32)を取って「32式情報生産術」と呼びたいと思います。

32式情報生産術
  1. 書籍やネット上の記事からデータを抽出
  2. Evernoteに蓄積
  3. Scrapboxで分類
  4. Twitterやニュースを読んで情報の見せ方を考える
  5. 図を描いたり瞑想しながら直観として降りてくるのを待つ

「32式情報生産術」を思いついたきっかけ

私が「32式情報生産術」を思いついたきっかけは、

  • 多様性に配慮した記事を書くのが難しくなった
  • 扱うデータの量が昔より多くなった
  • 紙の本や付箋では対応不能になった

詳しくは下の記事へどうぞ。

価値ある情報発信は「現状これがベスト」の提示 もう一度読みたくなるのは「自分の言葉」で書かれた文章!たった250記事で1150万回読まれるブログの作り方

1.紙の本や電子書籍を利用する

紙の本を自炊してデータ化する

自炊のメリット

紙の本をデータ化(自炊)して得られるメリットは、私の場合主に次の5つです。

自炊のメリット
  1. 軽くて手軽で読書量が増える!
  2. 本棚スッキリ!無駄な家賃を払わない
  3. 紙の本のように劣化しないし分類も簡単
  4. テキストを抽出したり本文検索が可能に
  5. 自炊はKindleより優れたところもある
DPT-RP1とB4ルーズリーフ試して納得!紙の本のデータ化(自炊)で得られる5つのメリット

自炊代行VS自宅で自炊

結論としては、100冊ドカンと一度に片づけるなら自炊代行サービスは非常に便利だと思います。

しかしその後も継続して自炊したいと考えている人は、自炊環境を整えたほうが現状コスト&利便性ともにお得です。

自炊代行VS自宅で自炊!2年半でコストは同額

私の自炊手順

自炊の手順をカンタンに把握できるようスッキリまとめました。

自炊の全工程をスッキリ解説!裁断からスキャン、文字認識(OCR)まで

自炊本を読む

自炊本はPDFに変換し、ソニーのデジタルペーパーDPT-RP1で読んでいます。

DPT-RP1の素晴らしいです!

もう手放せない!SonyのデジタルペーパーDPT-RP1を1年以上使った感想

DPT-RP1はA4サイズの大型電子インクデバイスで、技術書などの大型本もらくに読むことができます。

SonyのデジタルペーパーDPT-RP1と大型書籍の文字サイズ比較

デジタルペーパーの便利な使い方

デジタルペーパーを使いこなす】ファイル一覧の下に作者名を表示させる方法PDFファイルの圧縮_1デジタルペーパーを使いこなす】PDFを圧縮して動作を軽くするPDFにしおりの作成1デジタルペーパーを使いこなす】PDFに目次を作る

デジタルペーパーを電子ノートとして使う

DPT-RP1は手書きに対応しているので、電子ノートとしても超優秀です。
ソニー ノートテンプレートデジタルペーパーDPT-RP1で好みのPDFテンプレートをノートとして使う方法書籍pdfに無限 ノートを追加する方法デジタルペーパーを使いこなす】書籍PDFに無限ノートをはさむ

デジタルペーパーの記事一覧にしました↓

紙と電子ペーパーの筆跡比較「デジタルペーパー」の記事一覧

自炊本からハイライトを抽出する

自炊したPDFからハイライトを抽出し、Evernoteに読書ノートを作る方法をまとめました。

自炊本(PDF)からハイライトを抽出してEvernoteで読書ノートを作る方法

Kindleからハイライトを抽出する

Kindleからハイライトを抽出して、Evernoteに保存する方法はわいひらさんの解説がわかりやすいです。

私はロケーション付のハイライトを、Evernoteに手動でコピペしています。

参考 Kindle本のハイライト箇所一覧をEvernoteに読書メモとして保存する方法寝ログ

2.データを整理&分類し、因果関係を見つけていく

Evernoteで情報を磨く

集めた情報はすぐ吸収し、どんどん捨てていくことで磨かれます。

Evernoteにはたくさんの機能がありますが、「スタック」「ノートブック」「Webクリッパー」の3つの機能さえ使えれば、脳の新陳代謝を上げるのに十分です。

Evernoteの基本構造:「スタック」と「ノートブック」の関係ブログ効率化!Evernoteでネタを管理する方法

Scrapboxを使って引用を横断的にまとめていく

集めた情報を意味のまとまりごとに分けて、Scrapboxを使ってパソコンの画面いっぱいに広げます。

Scrapboxで超簡易版のKJ法を行うことで、情報のつながりが理解できるようになり、対象の全体像をつかめるようになります。

KJ法とは
  • 文化人類学者の川喜田二郎さん考案
  • 情報を一旦バラバラにしてから整理することで因果関係を探る
  • カード状に見える化することで効率的に分析を行う
Scrapboxで情報を濃縮する方法EvernoteとScrapBoxを使ったKJ法(超簡易版)!集めた情報をまとめ直して全体像をつかむ