大幅にリライトしました!

「真面目で優しくて女に不慣れな男」知られざるいい男と出会う方法とは?

『モテないのではない モテたくないのだ!!』カラスヤサトシ著

『モテないのではない モテたくないのだ!!』カラスヤサトシ著

SPONSERED

登場人物

アオイ

アオイ

悩めるアラサー。恋愛はたいてい相手の二股に気付いた時点で終わりを迎え、結婚したいと焦るがなかなかうまくいかない。
ムスタッシュ

ムスタッシュ

美脚が自慢のスーパーバニー。チャームポイントは小洒落たひげ。

なぜ不器用だけど優しい男じゃ満足出来ないの?

ムスタッシュ

なんでキミたち女の子はわざわざチャラい男に引っかかっちゃうの? 優しくてまじめな男だっていっぱいいるのに

アオイ

そうなんだよねぇ。チャラい人が好きってわけじゃないんだけどね? でも確かに、一対一にはなってないよねぇ

アオイ

もしかして、私って男を見る目がないのかな?

ムスタッシュ

そうだよ。ちょっとくらいつまんなくても、恋愛に慣れてないとこを大目に見てやればさ、女の子を大切に出来る男なんていっぱいいるんだから
アオイ

アオイ

(えーっと、わかるけどなんか違う。なんだろ、この違和感)

SPONSERED

妥協って一体何をどうすれば

婚活/恋活中の女は外野から「いい加減妥協しなよ」とか「女がリードしてあげればいいんだよ」みたいなことを言われることが多いかと思います。

そしてそう言われると、「確かに条件が全部そろった人はいないもんね。私も妥協して、女慣れしてない男を育てる方向も視野に入れよっかな」と反省する人もいるかも知れません。

しかしそういう女子はかなりの確率で、何となく腑に落ちない気持ちを抱え、努力の方向が具体的に見えてこない鬱々とした日々を送ることになります。

私の知ってる「真面目で優しい男」は大体女がいるが

まず、世間でまことしやかに言われる「真面目で優しくて女に無縁の男」って本当にそんなにたくさんいるのでしょうか?

言説によれば、女がモテる男ばかりに注目するから、本当はいい男なんていっぱいいるのに見つけられてないだけ、ということになっていますが、私には全然ピンときません。

なぜなら私が今まで見てきた限りでは、挨拶や雑談など、ささいなコミュニケーションがきちんと出来る男は、太っていたり顔面が乱れていても女に人気がありました。

その人気が恋愛対象としてでなかったとしても、そういう人にはたいてい彼女や妻がいるのでした。

なので「真面目で優しくて女に無縁の男」というものが、具体的にどういう男か想像できないのです。

男子校→男ばかりの職場、という経緯の人を限定的に指しているわけではなさそうですし。

SPONSERED

「真面目で優しくて女に無縁の男」は自称では

そこで、もしかしたら「真面目で優しくて女に無縁の男」って自称なのかな、って思ったんです。

たとえば下の画像は、カラスヤサトシ氏自身の中学生のときの体験をもとにした『モテないのではない モテたくないのだ!!』というマンガの一コマです。

オレをどっかから…見守って好きでいてくれる女の子…

引用:『モテないのではない モテたくないのだ!!』カラスヤサトシ著

Amazonの作品紹介には、著者のカラスヤサトシ氏がかつて「非モテ独身中年男子の星」と呼ばれていたと書かれていました。

不器用で現実の女とうまく付き合えず、でもかわいい女への憧れをこっそり抱いてしまう主人公は、男が考える「真面目で優しくて女に無縁の男」っぽいと思って持ってきました。