大幅にリライトしました!

【子供の教育】国語が得意だと成績が上がる!オススメの国語の問題集

今回は生涯の学力の基礎となる、国語力を上げるための教材についてお伝えしたいと思います。

ちなみに私の子供は今小学生で、進学塾に通う長男は全国統一模試でたまに国語で一位を取ります。

私自身も国語は得意なほうで、センター試験の国語は古文を一問落としたものの、ほぼ満点でした。

SPONSERED

”うっかりミス”は読解力の問題

学校から返ってきた子供のテストを見ていると、科目に関わらず、問題文を理解出来なくて間違えていることがよくあります。

大人からすると「落ち着いてやれば解けるのに、もったいない!」と、子どもの注意力の問題にしてしまいがち。

本当は出来る問題なのに、”よく読まなかった”から、出来なかっただけだと。

しかし実際は、”読まなかった”からではなくて、”読めなかった”から解けなかったという場合があります。

確かに普通に学校に通っていれば、特別な読解の訓練をしなくても、このようなミスは次第に減っていきます。

日常生活を含め日々大量の日本語にさらされることで、読解力を上げるのに必要な”量”が確保できるからです。

早期に日本語トレーニングを積むことで吸収力を上げる

しかし読解力が低いということは、テストで点が取れないという問題にとどまりません。

日本語の理解力が低い子どもは、そもそも授業中、先生の言っていることがよくわかっていないのです

毎日長時間おとなしく机に座って、一生懸命苦痛な授業に耐えているのに、日本語力が低くてインプットの効率が悪いだなんて、なんてもったいないのでしょう!!

学校には嫌でも行かなくてはならないのですから、なるべく苦痛が少ないように、そして授業の効果が最大になるようにしてあげたいんですよね。

そこで日本語トレーニングです。

あらゆる教科は、基礎的な国語力がなければマスター出来ません。

算数や英語など、一見国語と距離が遠く思える教科も、説明は日本語で行われます。

日本語は学習の基礎なので、この能力が低いと全ての教科において情報の吸収率が下がってしまうリスクがあります。

SPONSERED

国語は教えやすくコスパも最高

国語は私たちが普段話している言葉なので、親としても教えやすいです。

算数や理科の場合、大人になって忘れてしまったりして、子どもが高学年になると質問に答えられなくなってしまうことも多いかと思います。

しかし国語は母語なので、当の子どもも比較的勉強しやすく、それでいてすべての教科の基礎なのですから、非常にコスパがよい科目と言えます。