大幅にリライトしました!

会話出来ないから暴力に頼る】男は「察する」をへりくだる行為だと思っている

『宮本から君へ』(2)新井英樹著

『宮本から君へ』(2)新井英樹著

最近、ジェンダー関連のニュースが多く、子どもを持つ身としてはどういう方向で「女/男らしさ」と向き合えばよいか右往左往しています。

うちには小学生の男の子が2人いて、犯罪の被害に遭わないで欲しいと願うことはもちろん、加害側にならないように教育しなければならないとも思います。

SPONSERED

犯罪するのもされるのも男が多い

下は2017年度に犯罪の加害者として検挙された人のグラフです。

左端の数値をみると、男性の検挙数は女性の3.8倍なので、犯罪全体のおよそ8割が男性によって起こされています。

女性の犯罪者は全体の2割を占めますが、そのうち約8割が窃盗です。傷害・暴行事件の男性の検挙数は女性の10倍です。

刑法犯 検挙人員の罪名別構成比(男女別)

刑法犯 検挙人員の罪名別構成比(男女別)

平成30年版 犯罪白書 第4編/第7章/第1節

また、下のグラフを見ると、男性は犯罪の被害者になる割合も女性より2倍ほど高いのです。

人が被害者となった刑法犯 認知件数・被害発生率(男女別)の推移

人が被害者となった刑法犯 認知件数・被害発生率(男女別)の推移

※平成30年版 犯罪白書 第6編/第1章/第1節

コミュニケーション能力が低いことも一因?

私は個人的に、男の子の言語能力の低さがトラブルの一因ではないかと考えています。

息子2人は毎日のように、ゲームをやる順番、どのルールで遊ぶかなど、ささいなことでモメています。

大騒ぎしているときはしょうがなし私が仲裁に入るのですが、フタを開けてみると相手の言い分に聞く耳を持たなかったり、気持ちを伝えられないなどが原因で、大声で威嚇したり叩いたりつねったりするなどの暴力にエスカレートしてしまうようなのです。

なぜコミュニケーションがうまくいかないのか、彼らの口論を聞いてみると、

  • 「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」のいずれか、あるいは全部脱落していて言いたいことが不明
  • 一方的に好きなことを言い放つだけで相手の言い分に関心がない(これは機嫌がいいときも)
  • 腹が立ったらすぐ手が出るなど、感情を制御できない

など、意思の疎通が取れておらず、言語(思考)能力が足りないように思います。

SPONSERED

大人になっても会話が出来ない

この傾向は、大人の男性にも当てはまります。

私の人付き合いの範囲が狭いせいかも知れませんが、男の人は大人になっても会話がままならない人がとても多いです。

お互いの話を受けて意見を言うキャッチボールが成立しないのはもちろんのこと、

  • 主語がない
  • 突拍子もなく自分が話したいことを話す
  • 相手が何について話しているか把握できない
  • 自分が何を感じているかわからない

など、会話能力が女の子で言うところの幼稚園卒園レベルで止まってしまっているケースが目につきます。

意思の疎通が出来なければ、トラブルに巻き込まれても仕方ないですよね。