大幅にリライトしました!

溺愛されて喜んでる場合じゃないという話。立ち向かってこない安全な相手と思われてるだけ。

清純な私とエロい私は切り離せるわけじゃない

清純な私とエロい私は切り離せるわけじゃない

今日は

頑張って清純を演じてみたって、結局キレイだからいじくってみたいって思われて、

使用済の汚れたティッシュのようにポイっと捨てられちゃうだけなんじゃない?

溺愛なんて、都合のいい女を演じてる間だけ与えられるご褒美なんじゃないの?

というお話をしたいと思います。

SPONSERED

汚されるための清純じゃないわ


『マジックミラー』という歌の中に、

モテたいモテたい
女子力ピンクと ゆめゆめかわいい ピンク色が
どうして 一緒じゃないのよ あーあ
(略)
汚されるための 清純じゃないわ
ピンクは みせられない

引用:『マジックミラー』大森靖子

という歌詞があります。

色んな顔を持つ私なのに、男から「清純な女」か「軽くてヤれる女」かのどちらかに、勝手に分けられてしまう。複雑さを抱える人間として扱われない苦しさを、めちゃくちゃ上手に表現しています。

絵にするとこんな感じでしょうか↓

清純な私とエロい私は切り離せるわけじゃない

清純な私とエロい私は切り離せるわけじゃない

男から「気に入ったから溺愛しよう」と思われることと、「安くてバカな女だから使い捨てにしよう」と思われることに、実は大した違いはないんです。

だって、どちらも一方的に消費する商品だと思われてることに変わりはないから。

男は安全なマジックミラーの内側で女を品定め

この男の勝手なカテゴライズを、こちらもめちゃくちゃ上手に表現しているのが、久保ミツロウさんのマンガ『モテキ』です。

憧れの女、夏樹(妹)

モテキ(1)女を対象化するのを純粋とする男の闇

モテキ(1)女を対象化するのを純粋な行為と思い込む男の闇

ずっと片思いしていた夏樹と肉体関係を結ぶ合意をとって、自分の部屋に連れ帰り「いざ!」ってときに、幸世は彼女の寝顔を写真に収めます。

このとき幸世は夏樹が酔っているのもあって、自分も隣のこたつで寝てしまうのですが、

モテキ(1)聖女も娼婦も他者化

モテキ(1)聖女も娼婦もどうせ他者化

ふと目を覚ました夏樹は、時間を見るために幸世の携帯電話を勝手に開きます。

そこで自分の寝顔が待ち受けになっていることに気付き、微妙な表情を浮かべます。

モテキ(1)勝手に崇拝されても愛だなんて思わない

モテキ(1)勝手に崇拝されても愛だなんて思わない

ごめん やっぱり幸世君の事 男として見られない

夏樹はおもむろに帰ると言って立ち上がり、そのまま部屋を出ます。そして駅に向かう途中、幸世に「男として見られない」と告げます。

枠の中に収められ、美しい瞬間だけ切り取って愛でられても「こんなにも愛されて私…♡(うるうる)」という、安易な男好みのストーリーにしないところが、久保先生のかっこいいところ。

SPONSERED

都合のいい存在のままでいることを期待しないで

私はこのセリフを
「男として見られない」
=「あなたは私を”女”として見てるでしょうけど」
=「気に入った私の一面だけ愛したいのね。私に都合のいい存在でいるよう求めながら、オレのことは全面的に受け入れろって要求される関係なんてイヤ」
と解釈しました。

男は”男”のままで複雑さを認められている

男は男のままで人間だと認めてもらえます。
たとえば、「軽薄なところもあるけど、根はまじめ」など、はじめから多面的な存在として評価される。

しかし女は、”女”でいる限り、母・アイドル・遊び相手などと、パーツに切り分けられてしまいます。
「あの子は男にはだらしないけど、基本的にはいい子だよ」というときの「いい子」は、「いい子w」とか「い、いい子だよ…(たぶん…?)」であって通常の意味の「いい子」ではありません。

女は性や生活が乱れていたら、もう「いい子」の条件を満たさないんですから。

俺が認める”恋愛”以外ムナしい排泄

夏樹にフラれてヤケになった幸世は、夏樹の姉・基樹の胸をつかみ、酔った勢いで未経験を卒業します。

憧れの夏樹も矢里満キャラですが、姉の基樹はそれを隠さない、わかりやすい矢里満です。

幸世は夏樹が矢里満だとこのとき気付いていませんが、あからさまな姉の基樹に対しては「誰でも寝るんだから軽く扱っていい存在」だと思っています。

夏樹・基樹の姉妹は見た目は違っても、どちらも「性にゆるくて優しく女らしいキャラ」として描かれており、本質的には同じなのです。

「ユッキー、いつまでこの重い荷物もたせんの?」

(好きでもない女とやったよ サヨナラ、未経験だった俺)

これがずっと俺のしたかった事か?

ドブ川に捨てたようなもんか

夏樹ちゃんと同じ事をしただけだ