大幅にリライトしました!

恋愛における「変わらないオレ」という搾取

意見を言う権利をまるごと否定

意見を言う権利をまるごと否定

こんにちは、蜜です!

  • 付き合いだしてしばらくたつけど、なんか思ってたんと違う
  • 一緒にいると楽しいときもあるけど、きちんと向き合ってくれてる感じがしない

「怒った顔もかわいいよ」ってなんなの?! バカにするのもいい加減にして!! 男の子ってなんであんなにフワフワしてるの?!

うまくいかない恋愛にお悩みのあなたに朗報です! 今夜はわたくし蜜が男心の謎を解き明かすお手伝いをしちゃいますよ♪

SPONSERED

《登場人物》

アイト

アイト

文系学部の3年生。スミレの英語のクラスの生徒。うさぎのムスタッシュは心の友。
ムスタッシュ

ムスタッシュ

美脚が自慢のスーパーバニー。チャームポイントは小洒落たひげ。

アイト「はぁ…」

アイト「はぁ…」

女心って難しい…
今回はもうちょっと続くと思ってたのに。

ムスタッシュ

ため息なんてついちゃって、また鏡で生え際見てるのかい? アイト。

アイト

僕がいつも生え際ばっか見てるみたいに言わないでよ、ミスター・ムスタッシュ! 実は昨日彼女とケンカしちゃってね。「アイトが何考えてんのかわかんない。もう終わりにしよ」って、ラインも未読のまんまなんだ。

ムスタッシュ

ヤるばっかじゃなくて、きちんと会話してたかい?

アイト

ちょ、言い方! …ちゃんと話してたって。髪型とか服とかマメに褒めてたし、ケンカになったときだって「怒った顔もかわいいよ」って褒めて、なんとかなだめようとしたんだけど…

ムスタッシュ

原因それだわ。「怒った顔もかわいいよ」なんて相手をバカにするにもほどがある

アイト

え? なんで?! オレは怒った君の顔もかわいくて好きだよって、オレの広くて深い愛を伝えたつもりだけど?!

ムスタッシュ

彼女が欲しいのは、うわっつらな褒め言葉じゃなくて、もっと本質的なものだよ。アイトの行動や意識が自分に合わせて変わること、つまり自分専用にカスタマイズされたアイトを望んでる

アイト

はは、ちょま。カスタマイズってオレが? いくら彼女でもそんなのわがままじゃない? サイコパス?(※ちょま=ちょっと待って)

ムスタッシュ

まったくアイトはベビーだナァ。彼女が一生懸命自己主張するのは、君と一つにメルトダウンしたいからじゃないか! 恋はメルティン…ッ! メルティンラブ!!(むしゃあ…)

意味わかんな… あ!
話の最中に食糞しないで、ムスタッシュ!

「怒った顔もかわいいよ」に隠された彼の本音

「付き合う」とは契約を結ぶこと

ここで皆さんに質問です。なぜアイトくんは、彼女を怒らせてしまったのでしょうか?

本題に入る前に、そもそも「付き合う」とはどんな状態を指すのか確認しておきたいと思います。恋愛関係にはさまざまな段階や形態があるので一言で言い切ってしまうと語弊があるかも知れませんが、おおむね以下のような条件を満たしたカップルを、世間一般には「付き合」っていると認識するのではないでしょうか。

「付き合う」とは契約を結ぶこと

  • パートナー以外と性的関係を結ばない
  • お金や時間など、自分のリソースの一部をパートナーと共有する

たとえばこの逆を考えてみると、彼(女)以外の人とも自由にデートする人や、付き合ってるのにデートをしないなど二人の時間を定期的に持とうとしない人たちを、私たちはカップルとなかなか認めないと思います。

つまり誰かと付き合うということは、他の人と性交渉することを互いに禁止して、貴重な時間やお金の一部を二人のために使い、定期的に会ったりプレゼントを贈り合うなど一緒にしていきましょうね、という取り決めをすることなのです。

もちろんお金や時間だけでなく、相手の好みや感情を理解する努力も必要ですし、時には相手に合わせて自分の気持ちを抑えなければならないこともあるでしょう。また、これらの約束事を破れば、お付き合いを解消しなければならないだけでなく、最悪の場合訴訟や殺人事件に発展することもよくある話です。このように恋愛とは、身近な約束ながら実は結構厳しい契約なわけです。

「意見を言う権利」を否定する

 さきほどの会話のアイトくんが彼女を怒らせた理由とは、関係に対する彼女の投資を軽く見て、意見を聞くべき対等な契約の相手とみなさない態度をとっていたからなのです。「怒った顔もかわいいよ」という一見褒め言葉にも聞こえるこのセリフは、場合によっては、相手が意見を言うことそのものを否定し、取るに足らない存在だと思い知らせる効果を持ちます。

 

意見を言う権利をまるごと否定

SPONSERED

恋愛の本質は支配

自分自身を軽んじることで辻褄を合わせる

他の人と付き合う選択肢もある中でたった一人に身も心も尽くして、なのに自分の意見が十分に聞き入れられないとしたら、人は自尊心が傷ついてしまいます。また、かけた気持ちや時間、お金に対して相手から妥当な見返りが得られないと、「自分の意見は聞くに値しないのでは?」「自分は人に愛される条件を満たしていないのかも…」「自分の話し方や態度には問題があるのでは?」など、自分自身の在り方に疑いを向けることでつじつまを合わせてしまう人もいます。

どちらか一方の意見ばかりが優先される関係というのは、我慢する側に大きな負担がかかります。出資しているのが肉体や時間といった人間そのものであるだけに、恋愛において意見をきちんと聞いてもらえないことは、人としての尊厳を踏みにじられていると感じやすいのです。

人と付き合うというのは、自分の人生に他人を一人抱え込むということですから、責任も重くて時間も手間もかかるし、とにかくわずらわしいことなのです。

相手に影響を及ぼすことで満足を得られる

では、そんなめんどくさい恋愛に取り組んでみようという人がいるとして、相手を尊重して意見を真剣に聞くとは一体どのようなことを指すのでしょうか?

どうやらうわべだけ同意すればよいわけではなさそうです。けれど恋愛のために自分の意見を投げ捨てて相手の言うことを呑まなければならないのなら、いっそ誰とも付き合わないほうが何倍かマシに違いありません。

人が恋愛から得られるメリットがあるとすれば、他人と肉体の使用権や時間、モノなどを交換したり共有したりして、共同で互いの利益を増やすことにあるはずです。ここでいう利益には、性的な喜びや信頼できる人と過ごす安心感や楽しさ、そして好きな人に自分の意見を聞いてもらって、自分が相手に与える影響力を確かめることも含まれます。

個人的には、恋愛を恋愛たらしめる一番の条件は、最後に挙げた「自分が相手に特別な影響を与えていて、お互いが本質的に変化していると感じられること」ではないかと思っています。なぜならその他は金銭を介した性的サービスや、家族や仲の良い友達でも代替できるからです。

恋愛が人間関係の中でも特別な意味を持つのは、その本質に他者への肉体的、精神的支配が少なからず含まれているからです。相手と自分を二人だけの閉じた世界に拘束し、互いの体と心を独占的に支配しあうから、恋愛はかくもロマンチックで狂気と暴力の香りがするのです。

アイト

ムスタッシュは重く考えすぎじゃない? 恋愛ってもっとライトでいいんだよ

ムスタッシュ

アイトはライトでいいかも知れないけど、彼女は違うから問題なんだろう?

アイト

ぐぬぬ

ムスタッシュ

君と付き合ってる間だって、かわいい彼女のことだもの。他の男からアプローチされてたはずだし、そのたびに彼女は君を選んできた

アイト

え? ちょっと聞こえない

ムスタッシュ

彼女だって君を選んでるのに、君は心の底で選ぶのは常に自分だと思ってるんだ

アイト

ムスタッシュのいじわる!! オレが選べる女だけがオレにとって女なの! それじゃダメなわけ!?

「変わらないオレ」という搾取

相手の好意と期待を無自覚に利用する

付き合っている相手が自分に合わせてくれなかったり、自分の影響を受けて変わる様子が全く見られなかったら、多くの人は相手から拒絶されているように感じるはずです。なぜなら恋愛の醍醐味とは、時間をかけて二人で新しいルールを築きあげ、価値観や好み、生活スタイルに互いに影響を与え合い、今までとは違う人間に生まれ変わる過程にあるからです。

相手が一生懸命自分を知ろうとしてくれて、必死に関係を作ろうと働きかけているのに、人から心を向けられる心地よさは味わいつつも、自分だけ一段高いところに立って変わることを拒むのはフェアではありません。相手の好意と期待を利用した搾取です。

結婚というエサで付き合えた時代を引きずって

古き良き時代への憧れが邪魔してどうやってコミットしていいかわからない男

ほんのひと昔前は、結婚をちらつかせさえすれば、特別な工夫をしなくても男性は女性を得られる時代でした。まともに働けるところが多くなかったので、女性は結婚しないと経済的に生活できなかったからです。また、男性は家の中に女性を閉じ込めて、自分たちは男だけの空間で独自の「男らしさ」という文化を作りあげていきました。「男らしさ」の文化とは、女性をネタにした話題で盛り上がって男同士で連帯し、女性経験のない男性や身ぎれいにして女性の気を惹こうとする男性をバカにする文化の事です。

生活のために結婚しなければならなかったころと違い、今の女性は結婚相手に思いやりなどの内面的な要素を求めるようになっただけでなく、結婚しないという選択をする人も多く現れるようになりました。しかし男性はまだ、結婚さえエサにすれば交際できた頃の価値観を受け継いでしまっている人が多いのです。

頭では「男女平等」「コミュニケーションできる男が好かれる」とわかっていても、女性に擦り寄らなければ気に入ってもらえない自分の姿に我慢できないのです。対する女性は身なりを必死で整えて機嫌を伺い、男性に気に入られるよう努力しているのですが、自分が異性に媚びる立場になることを想像できないのです。

モテ力=ケア能力

モテ力=ケア能力という現実

「優しい」「気配り上手」「家事能力」など、本来「女らしさ」とされてきたこれらの特徴を備えた人は、本当は男性だけでなく女性にとっても魅力的です。なぜなら誰だって一緒に過ごす相手にはケアされたいですし、自分の意見を優先的に聞き入れて欲しいからです。

女性を「男性と違って別の価値観で生きる生物」と捉えている人は、実は女性もケアされたがっているという事実を受け入れられません。最近、「本当は、無口でクールな男らしさを見せつけるだけで、何もしなくても女が付いてきてくれればいいのに」と男性が話しているのを聞いてしまったのですが、この男性はきっと、女性を同じ人間とは思えないのかも知れません。

SPONSERED

まとめ

まとめ
  • 「付き合う」は結構重めの契約
  • 恋愛の満足度は相手への影響力で決まる
  • 意見を言うこと自体を否定する戦略に注意
  • 知らずに搾取してしまう「男らしさ」は罠
恋愛の本質に他者への支配があるならば、カップルには覇権争いがつきものです。どれだけわがままを言えるか、どれだけ相手を愛の名のもとに拘束できるかをめぐる戦い自体は、避けられないものかも知れません。

しかし互いに影響を及ぼし合い、変化することを望んで向き合っているのに、「オレは変わらなくていい」とふんぞり返って応じる気がない人を相手にしていると、自分の心をどうやって大切にしていいかわからなくなってしまいます。今ある常識や「男/女らしさ」の中に、女性が損をしやすい構造が埋め込まれていることを知るだけで、私たちは失った自尊心を取り戻すことが出来ると信じています。

以上、蜜でしたー♡

参考図書

created by Rinker
¥1,012 (2020/09/21 06:40:00時点 Amazon調べ-詳細)