大幅にリライトしました!

「女らしく」要求するとメンヘラになってしまう

メンヘラにならないと要求できない

メンヘラにならないと要求できない

こんにちは、蜜です📢

前回、「無条件の受容をくれる理想の恋人」とは、実は男性によって作られた都合のいい女のイメージから派生した虚像だと書きました。

それを聞いたみなさんの中には

「あたいは*を拭かせる側に回るッ!!!」

とイキりたった益荒女もいらっしゃるでしょう。

しかし、男性のやり口をきちんと知らなければ、飛んで火にいる夏の虫とばかりに、骨の髄までしゃぶられてしまいます。

SPONSERED

恋愛市場は女性にとって参入は簡単だが競争は激しい

恋愛市場のイメージ

※上のイラストでは、赤い人を女性、青い人を男性のつもりで書いています。男性は恋愛市場への参入が難しいですが、苦労してでも入りたいと考える人が多く、反対に女性は自分の意思に関わらず、気付いたら放り込まれています。そして一旦入ったら、競争が激しく数が多い女性は圧倒的に不利…というイメージです。

個人的には、女性が男性に対して優位になれるのは実は多くの場合、恋愛するか否か決める瞬間や、相手を誰にするか選ぶときなどの、恋愛のごく初期の段階に限られると思っています。

およそ8割の男性が恋愛対象外となることや、そもそも男性に興味がない女性も多いことを考えると、女性のほうが恋愛において有利であるように感じられます。しかしひとたび恋愛界に入り、特定の相手と関係を始めようとすると競争も激しく、圧倒的に不利なフィールドが女性を待っています。

そして追い打ちをかけるように、恋愛のシーンで求められる「女らしさ」は、ことごとく我々に自分の利益を手放すよう働きかけてくるのです。

登場人物

ブリトニー

ブリトニー

サツキのクラスメイトのぶりっこ。モテくそ地獄の住人。
ムスタッシュ

ムスタッシュ

美脚が自慢のスーパーバニー。チャームポイントは小洒落たひげ。

SPONSERED

「愛されたい♡」くらいでは勝てない

ブリトニー

恋愛に望みを託せないなら、詰んだ人生どうすればいい?!

ブリトニー

私のメンがただのヘラだと思ったら大間違いだよ!!!

ムスタッシュ

おおう…

ブリトニー

この勝負、闇の深さでオレが勝つ!!!

ムスタッシュ

ちょっ、泣きかた!!!

はじめから自己犠牲を期待されてスタート

戦闘美少女が男性に人気なのは、心をぽかぽかさせてやりさえすれば、命を賭してみんなを守るキャラだからです。こんな軽装備(半裸)で前線に出るのは嫌だと主張したり、無理な接近戦ばかりで戦略はどこへ行ったなどと不満を言うことは許されません。

なぜなら戦闘美少女は最初から自己犠牲を期待されており、すべて受け入れた上で儚く笑って壊れるキャラだからこそ愛されているからです。

女らしさが二択を迫ってきた!

女性の魅力とされる「女らしさ」にも、これとまったく同じ仕組みが働いています。

男性に好まれる女らしい言動をすれば、パートナーを得ることは比較的容易です。しかし女らしさの規範にのっとって行動しようとすると、気遣いや肉体を一方的に差し出す関係に陥りがちです。相手にお返しを求めると、「女らしくない」と言わればっさり切られるリスクがあるからです。

恋愛のことを考えると死にたくなるのはあなたのせいではありません。そもそもバグだらけのクソゲーだったのです。

SPONSERED

「女らしく」要求するとメンヘラになってしまう

付き合ったら当たり前のように一方的に尽くすことを求められ、時間の経過とともに選択肢もどんどん奪われていきます。

存在を軽く扱われ、自尊心を傷つけ続けられることを防ぐには、逆説的ですが、前もって自分で自分を壊しておくこと、つまり自傷や自発的なメンヘラは有効な手段です。さすがの男性も、すでに壊れている女性を雑に扱うのは気が引けますし、身も心も緊急事態であるとわかってもらえれば、女らしさのルールを破らずに相手に要求することが出来ます。

メンヘラにならないと要求できない

本来だったらパートナーに対して「自分の意向を聞いて大切に扱って欲しい」とか「お互いに相手を理解する努力していきたい」と求めることはわがままではありません。しかし女性から一方的に与えられることを当然だと信じている男性からすると、これらの要求をする女性は「わがまま」で「性格がキツ」くて「重い」のです。

もう後がないところまで追い詰められた状態からはじめなければならないので、交渉の際女性は余裕がなく不利になりやすいのです。あなたがもし史上最強のメンヘラで、触るものすべて闇に落とすという自負を持っていたとしても、そのへんの草を食う一般男性にすらあっさり負けてしまう可能性があります。

なぜなら1stステージからなぜか背水の陣で戦わねばならない女性と違い、多くの男性は対女最強兵器である「強烈な権利意識」を苦労せず身に着けて大人になるからです。

まとめ
  • 女性が恋愛において有利にみえるのは参入や離脱、相手選択に多少自由があるから。
  • 恋人との交渉は女性に圧倒的に不利。
  • 女らしくないと選ばれないが、意志を表明すると女らしさを失うというジレンマ。
  • メンヘラは女らしく要求する有効な手段だが、失うものも大きい。
  • 要求している意識もなく女性に多くを求める男性は、相手に交渉の余地を与えない。
以上、蜜でしたー♡

参考図書

コミュニケーション断念のすすめ [ 信田さよ子 ]
created by Rinker
created by Rinker
¥1,540 (2019/10/17 22:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥759 (2019/10/18 10:08:53時点 Amazon調べ-詳細)