大幅にリライトしました!

大森靖子『マジックミラー』歌詞の解釈と考察|アイドルからの強烈なホモソ批判

ホモソーシャル

ホモソーシャル

今回ご紹介したい『マジックミラー』(作詞/作曲大森靖子)は、2015年の『マジックミラー/さっちゃんのセクシーカレー』に収録されています。

「さっちゃんのセクシーカレー」のほうは、TVアニメ「食戟のソーマ」エンディングテーマです。

SPONSERED

大森靖子「マジックミラー」のPV


PVに描かれるストーリー

PVはアイドルファンの男性が、満面の笑みを浮かべ会場に入っていくシーンから始まります。


はっきりとは描かれていませんが、おそらくこの女性のファンなのです。孤独な毎日ですが、ひたむきに頑張るアイドルの笑顔が心の支え。

しかし、華やかな表の顔とは裏腹に、アイドル業の現実は厳しいものでした。

セクハラまがいの撮影、そのあとに待つ公衆トイレでの奉仕など、体を使った営業が当たり前のように行なわれている現実。


ある日、スタジオに呼ばれて来てみると、部屋にはAVの撮影の準備が整えられていました。

このままアイドルを続けていても…。

生活のことを考えれば、彼女に断るという選択肢は残されていませんでした。


アイドルがA\/に出演したことを知り、男性は絶望します。

しかし女優になったところで、大きな違いがあるわけではありません。

アイドル時代だって、ほとんどタダでご奉仕させられていたんですから…。

提供する商品が「手の届かない清純」から、いよいよ「消費される清純」に変わっただけ。

どっちにしろ、汚されることが予定された青春でした。

アイドルは、男が目をそらしたがる現実を全身で受け止めて、ボロボロになって光っていたのです。

「マジックミラー」で語られる”視線”への批判

ホモソーシャル

ホモソーシャル

ホモソーシャル(男の絆)とは

私は『マジックミラー』を聴いて、アイドルの目線に立った強烈なホモソーシャル批判だなぁと思いました。

社会学者の上野千鶴子氏によると、ホモソーシャルとは性的主体(と認めあった者)同士の連帯です。

つまり「俺ら、ヤる側の人間だよな?!」という仲間意識に支えられたモロい男同士の絆のことです。

created by Rinker
¥1,012 (2019/12/13 16:28:09時点 Amazon調べ-詳細)

しかし「男社会」に入るには、女をモノにして一人前の男、つまり自分がヤる側の存在だと証明しなければなりません。

なぜなら男を欲望する男を仲間にしてしまうと、自分がヤられる側(女の地位)に貶められてしまうかも知れないからです。

ヤられる側になったら、男の地位には居られません。

こうやって必死で”男”でいようと頑張ると、だんだん女が”ヤられる何か”にしか見えなくなり、人間だと思えなくなってしまうのです。