大幅にリライトしました!

ブログ効率化!Evernoteでネタを管理する方法

Evernoteの基本構造:「スタック」と「ノートブック」の関係

Evernoteの基本構造:「スタック」と「ノートブック」の関係

Evernoteを使っている人、これから使いたい人にオススメなのが、ノートを作る前に「スタック」と「ノートブック」を作ることです。

一つのノートブックに次々とノートを放り込んでいると、いざ記事をまとめようと思ったとき、元ネタを探すのに時間がかかります。

SPONSERED

はじめに「スタック」と「ノートブック」を作る

効率化を目指してEvernoteに保存したのに、「結局ググり直した方が早かった」というのでは元も子もありません。

しまう場所を先に指定しておけば、ノートが散らかるのを未然に防ぐことが出来ます。

Evernoteを使うコツ
  • まずは「スタック」と「ノートブック」を作る

「ノートブック」を作る

パソコンのデスクトップアプリの場合

画面右の黒いエリアで、「ノートブック」の横の+をクリックして、任意のノートブック名を入力

Evernote新規ノート

スマホの場合

画面左上のバーのアイコンをタッチして、「ノートブック」をタッチ。「ノートブック」パネルが開いたら、画面上のバーの「ノートブック」マーク+をタッチして、任意のノートブック名を入力

Evernoteアプリで新規ノート

「スタック」の作り方

パソコンのデスクトップアプリの場合

画面右の黒いエリアで、「スタック」にしまいたい「ノートブック」の上で右クリック

Evernoteデスクトップ:スタックを作成

Evernoteデスクトップ:スタックを作成

「ノートブックのスタック」の上で右クリックして「名前の変更」を選び、「スタック」に好きな名前をつける

Evernoteデスクトップ:スタック名を変更

Evernoteデスクトップ:スタック名を変更

スマホの場合

画面左上のバーのアイコンをタッチして、「ノートブック」をタッチ。

「ノートブック」パネルが開いたら、「スタック」に入れる「ノートブック」の右端の縦3点をタッチして、「ノートブックのオプション」ウィンドウを開く

Evernoteスマホアプリ:「ノートブックのオプション」ウィンドウを開く

「ノートブックのオプション」ウィンドウが開いたら、「新規スタックに移動」をタッチ

Evernoteスマホアプリ:新規「スタック」を作成

Evernoteスマホアプリ:新規「スタック」を作成

新規「スタック」ウィンドウが開くので、好きな名前をつける

Evernoteスマホアプリ:新規「スタック」名入力

Evernoteスマホアプリ:新規「スタック」名入力

Evernoteははじめからスタックで分ける

次に、Evernoteの基本構造を見てみましょう。

ググれば色々出てくると思いますが、当面は「スタック」「ノートブック」「Webクリッパー」が使えれば大丈夫です。

「Webクリッパー」とは、パソコンでネットを見ているとき、記事を1クリックでEvernoteに保存できるChrome拡張機能のことです。スマホの共有ボタンと似ています

導入方法の解説は、コチラのサイトが詳しいですよ↓

参考 ブックマークはもう不要!? 『Evernote Webクリッパー』を使ってみようSMATU.net

私はもう5年くらいEvernoteに課金していますが、主に今挙げた3つの機能しか使っていません。

Evernoteの基本構造:「スタック」と「ノートブック」の関係

Evernoteの基本構造:「スタック」と「ノートブック」の関係

Evernoteには写真やテキストメモ、各種ファイルなどを、「ノート」として保存します。

作成された「ノート」は「ノートブック」にしまわれ、「ノートブック」はさらに「スタック」に格納することも出来ます。

「スタック」>「ノートブック」>「ノート」

SPONSERED

ノートの分け方の例:ブログ運営編

せっかくなので、私がブログを運営するときのノートの分け方をご紹介します。

どんなふうに分類するかの参考にしてみてください。

私がブログを運営するときのノートの分け方
スタックノートブックノート
ネタの箱読書ノート自炊本Kindleからの引用
ウェブサイトWebクリッパーでニュースを保存
ツイッター/レビュー気になるところをコピペ
参考にしたいサイトカスタマイズの手順同じカスタマイズは割とするので保存しておくと便利
お手本にしたい文章、構成学ぶはマネる
お手本にしたいデザイン新しくWordPressのテーマを買う時の参考に
ブログ下書きブログの下書きに
サイト構成サイト全体の構成。Xmindからマインドマップをインポートしても
進捗状況今月の成果、目標、やったことなど

スタックは作業スペースのイメージ

Evernoteを現実に当てはめてみると、本棚に本やバインダー、ノートをしまうと思えばわかりやすいかも知れません。

 スタックノートブックノート
役割本棚本、バインダー本のページ、書類、ノート

私の中では「スタック」を本棚、「ノートブック」を本やバインダー、そして作成する「ノート」は手書きのメモやノートのイメージです。

Evernoteを使いこなすコツはじゃんじゃん捨てること

現実の世界でもそうですが、整理整頓できないとモノが無限に増えてしまいます。

なんのために取っておいたかわからないモノは、なかなか捨てられないもの。

するとモノはいっぱいあるのに必要なときに使えない、いつも「アレがない、コレがない」と時間をムダにしてしまいます。

情報もこれと同じで、整理整頓出来ないのならいっそ何もしないほうが、かえってストレスが減ってよいかもしれません。

収集のスピードが上がるといい意味で飽きっぽくなる

情報をサッと探すコツは、いらないモノをどんどん捨てることです。

私は3つ貯めたら1は捨てるくらいの勢いで、古い情報をじゃんじゃん捨てています。

情報生産をする人はみんなそうかも知れませんが、収集のスピードが上がると興味を失うスピードが上がります。

ある程度まで知識が深まると、思考が次のステージに上がるため、下のレベルの情報が要らなくなるからです。

収集した情報はどんどん吸収し、不要なものを次々と捨て、Evernoteでアウトプットの精度を上げていきましょう!

SPONSERED

まとめ

まとめ
  • 「スタック」「ノートブック」「Webクリッパー」が使えればOK
  • 情報もモノも貯めてばかりでは使いこなせない
  • 吸収し終わった情報はどんどん捨てる