大幅にリライトしました!

【子供の教育】性教育にオススメの本~男の子に「加害してはいけない」と教える

「マンガでわかるオトコの子の「性 」」染矢明日香著

「マンガでわかるオトコの子の「性 」」染矢明日香著

以前記事にしたことがありましたが、男の子を育てる私にとって心配なのは、子どもが犯罪の被害者になることと同時に、加害者になることなのです。

お友達に優しくしようね、人の嫌がることをしてはいけないんだよ、と母親がいくら一生懸命伝えたとしても、テレビや周囲の心ない男性が、息子に「女に関する間違った認識」や「男らしさ」を刷り込んでしまいます。

SPONSERED

親より社会の刷り込みのほうが強い

先日もツイッターで、4才の女の子が同じ園の男の子から痛ましい暴行を受けた、という事件を目にしました。

保護者の方や被害にあった女の子のことを思うと胸が痛むと同時に、小さな男の子にそのような発想を持たせた社会に憤りを感じます。

家でいくら母親が口を酸っぱく諭しても、男の子はある年齢になると仲良しの同性や、物語のキャラクターの価値観を重視するようになってしまいます。

もちろん、それは健全な心の成長が出来ているということなので、親としては巣立ちつつあるわが子を見て喜ばしいと思うのですが…。

けれど、同時によくない「男らしさ」も吸収してしまうのですよね。

私は映画やテレビを見るたび、「女はバカじゃない」「加害したらタダじゃ済まない」「体のことを冗談にされたら嫌でしょう?この表現は嘘」と子供にうるさく伝えるのですが、とにかく若い女を異世界の住人のように描く作品がすごく!多い!です!!!

テレビを禁止にするのは古典的な方法ですけど、情報源は看板なりネットなりいくらでもあるのであまり意味があるとも思えず、

また、アニメやゲームを極端に制限すると、友だちと話が合わなくなってしまいそうで、それはそれで問題な気が。

結局どうしていいかわからず、メディアを通じて女性を軽んじる文化に染まっていく息子を、ただただ見守ることしか出来ないのが現状です うーん。

一応、規制できないなら多様な作品に触れさせようと(有害思想を薄めたい)、海外の映画やドラマを出来るだけ多く見せるなどはしています。

性教育の大切さ

今回、幼児の幼児に対する暴行の事件を受けて、小さい子に性教育をすることの大切さを改めて感じました。

ネットは子どもも見るものなのに、ちょっと調べものをしたりゲームをしただけで、すぐ暴力行為や加害ポルノの広告が出てきます。

これだけ「加害は楽しいぞ」「やるのが男だ」みたいなメッセージを巻き散らされると、あとから親が「暴力は犯罪だよ!」と言ってみてもあんまり説得力がない気がします。それでも言いますけどね。

うちの場合は、まず子どもたちに自分の身を守る術を教えたかったので、入園前から性教育をはじめました。

加害者は親戚や肉親、先生など身近な優しい大人の場合が多いので、被害を未然に防ぐためにも早く教えないといけないと思ったからです。

人体各部の名前を伝える際は、「外で禁止用語を叫ぶ男子になるかも」とチラっと心配しましたが大丈夫でした(笑)。

性教育の本はよく出来ていて、他者への尊重や性について、子どもがよく理解できるように作られていました。

むしろ小さい頃から性についてきちんと教えることで、気軽に冗談にしてよいことではないと学んでくれるようです。

SPONSERED

オススメの性教育の本

それでは、子どもにオススメの性教育の本などをご紹介したいと思います。

出来れば小さいうちに買い揃え、理解できる年齢になったらすかさず読ませるのがよいと思っています。

性教育はもはや教育というより、危機管理や防災の領域なので。

とにかくさけんでにげるんだ

対象年齢は5才くらいでしょうか。

性暴力の被害に遭った経験のある方は、読むのが辛いかも知れません。

私は子どものころ色々あって、毎回嗚咽しながら読んでいます。

しかし加害の恐ろしさがわかるからこそ、伝えなければならないと思うのです。

この絵本には、知らない人についていってはいけないことや、優しそうな人や親戚の大人が加害者になるケースがあること、また罰を恐れて被害を隠さなくてよいことなど、大切なことが子供の目線で寄り添うように語られています。

下のページは、親戚のおじさんから加害を受けた女の子・ユカちゃんが、友だちを通じて事実を母親に伝えたシーンです。

 

「しかるわけないでしょ。ゆかは、ぜんぜんわるくない。

わるいのは、サムおじさんのほうよ!

なにをされたのか、おしえてちょうだい」

引用:「とにかくさけんでにげるんだ」ベティ・ボガホールド著

性被害が辛いのは、子どもが加害の事実を周囲の大人に言い出せないばかりに、何度も繰り返し虐待を受けてしまうところです。

「あなたはなにも悪くない」

この言葉を、被害を受ける前に一刻も早く子供に伝えなければなりません。(もちろん、被害を受けずに大人になる子が多いと信じたいのですが)

私はこの絵本を読むと、じわーっと癒されるんですよね。

大人として本来すべき対応が、きちんと描かれているからです。

割と↓みたいなひどい対応をされた方って、実際多いと思うのですよね…。私たちの世代は、もうこういうの繰り返してはダメなのです。