絶望的な片想い。男の辛さを理解しても気遣いが返ってくるわけじゃない。

「女より女の気持ちがわかる」と言われて感じる違和感の正体

「女より女の気持ちがわかる」と言われて感じる違和感の正体

サツキ

昔は男は仕事、女は家事・育児って強制的に割り振られて、そのせいで理不尽な想いをした人がたくさんいたよね。

アイト

そうだよ、男ってツラいんだよ…。責任ばっか求められて自由がなくてさ。

サツキ

でもそんな時代ももう終わり! 男も育休バンバン取ったり、同じ仕事したら男女で給料が同じになる社会にしてこうね!

アイト

はぁッ?! それじゃ男のほうが圧倒的に損じゃん! 男は男同士競争を強いられて、女のコよりストレスが大きいんだよ?

サツキ

え? そうなの?

サツキ

(相手の状況を考えないで、自分の主張ばっかりしちゃいけないよね…これからは立場の違う人がお互いに尊重し合う世の中なんだから、「男のツラさ」にもちゃんと配慮しなきゃ!)

SPONSERED

登場人物

サツキ

サツキ

大学2年。美人なのにモテないのが悩み。スミレのめい。
ブリトニー

ブリトニー

サツキと同じ大学のぶりっこ。モテくそ地獄の住人。
アイト

アイト

文系学部の3年生。スミレの英語のクラスの生徒。うさぎのムスタッシュは心の友。

男女のツラさを同列に語るのはまだ早い

就職差別や賃金格差など、現在の日本の状況は圧倒的に女性が不利。男性がケア役割を女性に押し付けて、仕事や社交だけに打ち込める仕組みが出来てしまっています。

にも関わらず、少なくない女性が、男性から「オレだってツラい!」と言われたら、うっかり耳を傾けて同情してしまうのではないでしょうか?

それって、例えるなら自分の足を踏んでくる相手に

サツキ

私の足って固いよね、踏んでて痛くない?

とか

サツキ

周りから『踏め!』って強制されてやってるんでしょ? かわいそうに…。

とか言って気遣うことと似てるんですけど、冷静に考えるととんでもなくグロいんですよね。

だって「男のツラさ」をよくよく聞いてみれば、「加害して嫌われて孤独がツラい」とか「タダでケアして欲しいのに有料でツラい」とか、「性交出来て当然のオレが出来なくてツラい」とか、気持ちの問題の範疇だったり自分の工夫次第で回避できるツラさだからです。

SPONSERED

自分が追い込まれてる自覚がついつい足りない

一方、女性のツラさを挙げてみると、

  • 賃金格差のせいで貧困になりやすい
  • 進学を邪魔される
  • 意見を言うと排除される
  • 性被害に遭いやすい
  • 日常的に暴力にさらされる
  • 痛い靴、薄くて短い服を強要される
  • 生理や妊娠・出産、体格のせいで男と同じ水準の身体活動は難しい

など、個人じゃどうにもできないし、生命の維持や人としての尊厳がおびやかされるツラさばかり。ツラさのレベルが桁外れに違うんですよね。

なのに! 私も含め多くの女性が、

サツキ

男の人もツラいんだ…。理解してあげなくちゃ!

と思ってしまうんですね。別に「男のほうが女より優遇すべき存在だから!」と思ってそう考えてるんじゃないんですよ?

そうじゃなくて、

サツキ

本人がツラいと言ってるんだから、それを立場の違う人間が「大したことないじゃん!」なんて押し付けちゃいけないよね…。だって私は女で、男の気持ちが完ペキにわかるなんてことはあり得ないんだから。

ってついつい思っちゃうからなんですよ! 自分もそんなふうに他者から配慮されたいから、まず自分から実践してるんですね。

”お互い”に配慮するのが理想だけど

でも、これにはとんでもない落とし穴があるんです。それは、

ブリトニー

男はそんな女のことを、お花畑のカモとしか思ってないけどな!!!

サツキ

え?! どういう意味?!

ブリトニー

現状を変えようとする女に対して、男は問題を問題として認識することすらしたがらないってこと。

ブリトニー

むしろ「男女お互いさまってことにして、とにかく黙らせよう」とか「時代的に殴れないから泣き落としするか」とか無意識にエグいこと考えてる可能性すらあるんだよ。残念だけど、「女を人として捉えるレベル」にまで達してる男って、まだ少ないんだわ。

サツキ

え、え、え! ブリちゃん、本気で言ってるの?

SPONSERED

世間知らずと言われてうっかり納得しちゃうワナ

ブリトニー

だってさぁ、サツキちゃん。さっきのアイトのセリフ思い出してみなよ! 結構ひどいよ?

アイト

はぁッ?! それじゃ男のほうが圧倒的に損じゃん! 男は男同士競争を強いられて、女のコよりストレスが大きいんだよ?

ブリトニー

女が男の気持ちわかんないのと同じように、男だって女の事情とかよくわかんないんだよ? でも、「女はラクでいいよな!」って知りもしないのに決めつけてるじゃん。

サツキ

た、たしかに…。その人のツラさは、その人にしかわかんないもんね。

サツキ

でも、「男の世界は競争が激しくて超追い詰められる」って男の人から言われたら、そうなのかなって。だって体験できないじゃん。

ブリトニー

そうそう、そういう思いやりがお互いに持てたら、不平等って自然と解消されてくはずよね。でも、相手は歩み寄る気なんてさらさらないみたいだよ? そこがそもそもの原因なんじゃない?

ブリトニー

「男のツラさ」を理解することは大切だけどさ、今は明らかに女が困ってるんだからさ、余裕が出来たら考えればいいんだよ!

サツキ

えぇ~? でも男女差別って男と女が両方変わらなきゃならないんでしょ? 一緒に手を取り合って支え合って進むことが大切なんじゃないの?

ブリトニー

もう! 相手はこっちを支える気なんてないじゃん! むしろ「女を利用したいけど最近出来なくて苦しい」って言ってるぐらいなんだよ?!

思考を妨げるモヤモヤ神話

サツキ

うぅ…言われちゃったなぁ。でも確かに、男女のこの非対称っぷりにはモヤる。

サツキ

でもなんであのとき、アイトくんの言葉を素直に受け止めちゃったんだろう? これって見下されてるんだよね?!

そう、今サツキちゃんが言ったように、女が男女の非対称性にモヤ~っとしたとき、あるモノが邪魔して考えがまとまらなくなるんです。

それは世間でまことしやかに信じられているモヤモヤ神話と、わけ知り顔で女を語る、堂々とした男の話し方です。

モヤモヤ神話

真実かどうか検証するのに時間がかかる、世間で常識のようにささやかれる話。

例→「男は性欲を我慢できない」「男はバカだけどピュア」「女は論理的に考えられない」「性交を積極的に楽しめる女はかっこよくて進歩的」など。

たとえば一緒に働く男性の無責任な行動に巻き込まれたとき、「男はバカだけどピュア」というモヤモヤ神話が思い出されたとします。すると、本当ならその男性に注意するとか距離を置くとか、その人自身の責任能力を問わなきゃならないのに、そういう気持ちが消えてしまうんです。

それどころか、「男女は性質が違うのだから、男の人は計画を立てるのが苦手…なんだよね? じゃあ細かい不備をチェックできる私がそこを補ってあげなきゃな。お互いさまだもんね」と言いながら、嬉々として後始末役を引き受けてしまうんですよ! もしかしたら、その人はいつもそうやって周りが尻拭いしてくれるから、無計画に行動しているだけかも知れないのに!

最近はこういうモヤモヤ神話を否定するニュースの記事や、ツイッターに上がる人々の現場の声を気軽に読むことが出来るようになってきて、ようやく私も長らく過ごしたモヤの中から、ちょっとだけ頭を出してモノを考えたり出来るようになってきました。

でも自分を卑下するようでこんなこと言いたくないんですけど、モヤモヤ神話を一つ一つ検証してつぶしていくには、たくさんの情報にあたる能力とか、信頼できる話し手を見極める能力とか、いわゆる頭の良さを求められるんですよね。

これって賢いひとは気付かないかも知れないけど、実は多くの人が陥りやすいワナだと思います。

時代に合わせて価値観をアップデートしようと思って情報を探るうちにネトウヨになっちゃうとか、カルトとか陰謀論に流れちゃうとか…。だってそっちのほうが理解しやすかったり、ネットにたくさん転がってるから。

SPONSERED

「オレは女のキモチ♡がわかる」のソースはポルノの可能性

「女より女の気持ちがわかる」と言われて感じる違和感の正体

「女より女の気持ちがわかる」と言われて感じる違和感の正体

サツキ

あと、アイトくんのあのウエメセの堂々とした話し方だよね! 「女の子はラク!男は大変なんだよ!」ってさ、あれだけ堂々と言い切られると「え…、そうなの?!」ってなっちゃうんだよ!

アイト

当たり前だよ! 男は女の子のことが大好きだから、四六時中女の子の気持ちになったり、幸せを願ったりしてるからね!

アイト

むしろ、女の子自身より、男のほうが女の子のこと、わかってるんじゃないかな?

サツキ

そ、そうなの…?

サツキ

(それにしてもなんだろ、この違和感…キモい。男は女が好きで、いつも考えてる、か。確かに、そう見えるけど…?)

サツキ

(あぁ! またモヤモヤの中に絡めとられて、何だかわかんなくなってく!)

ブリトニー

サツキちゃん! たぶんアイトって自分のオカズと現実の女性を、ごちゃまぜにしてしゃべってるだけだよ!

サツキ

え、えぇぇ~~~?! 今なんて?!

ブリトニー

だから、アイトは「いつも一人でするときは、女のコ側に感情移入してる♡だから女のコのヒミツ、女のコよりよ~く知ってるよ♡」っていうの、かっこよさげに言い換えただけなんだって!

サツキ

いくらなんでも、そんな…。その感情移入してる”女”って、そもそも男が妄想で作ったキャラで女じゃないじゃん…。

ブリトニー

だってサツキちゃん、アイトとちょっと話してみればわかるけど、あいつセクハラとか女のほうが給料が低いとかなんにも知らないよ? 女のコ好きって口では言うけど、おかずとして好きって言ってるだけなんだよ?!

参考にした記事

最後に、今回この記事を書く元となった文章を紹介したいと思います。

ケア役割を押し付けられながら、配慮や気遣いと結びついた「あるべき女性像」のもと、女性はそういう男性のあり方に「理解」を示すことを求められてきました。

そして、そういう女性の「理解」に乗っかることで、冒頭で述べたような不平等は維持されてきたわけです。

要するに、男性にとって「変わる」ことは、いつまでも二の次にしておける問題、解かなくても別に困らない問題だと思っていることが、あからさまなのです。(中略)

そして、このような困難が男性の変わらなさに由来しているというのに、それでも女性が男性の訴える「変われないつらさ」を理解し続けてあげなければいけない理由は、どこにあるのでしょうか。

引用:WEZZY「俺だってつらいんだ」に終始する男性の生きづらさ論/『介護する息子たち』著者・平山亮さんインタビュー【1】

以前、平山亮さんの「迫りくる「息子介護」の時代」を読んだことがあるのですが、すごく勉強になる内容でした。興味のある人はゼヒ!

まとめ

まとめ
  • 女が一方的に配慮していては何も変わらない。
  • ミソジニーを無視しているとカモにされる。
  • モヤモヤ神話を検証すべき、でも結構難しい。
  • アプデしようとする人を取り込もうとする人もいる。
  • 男の言う「女のコのキモチはわかってる」は、するときはいつも女側に感情移入しているという告白。