欲求不満の人妻というモテ

 本来異性からモテることに関しては、その人が結婚しているかどうかは関係がないことですが、私たちは社会的な生き物なので、相手の社会的立ち位置によって大きく行動を変化させることが知られています。
 そこで今回迫ってみたいのは、人妻って結局モテんの、モテないの結局どっち?というテーマです。

人妻はモテるのか 

 「結婚した途端、ピタッと声がかからなくなった」という女性や、「人妻は女として意識しない」という男性がいる一方、巷は「人妻とムフフ♡」みたいな話で溢れています。
 インターネットには「結婚しても男性から求められたい♡」という文章も多くみられますが、私はそうではなく、

  1. モテうんぬんより、結婚により女性が無価値と見なされる仕組みが謎すぎる。
  2. 結婚後、異性が表立ってアプローチしてこないわりに、前より小汚い性的な視線を向けてくることを、どう受け止めていいかわからない。

という戸惑いをお持ちの方に向けて、記事を書いてみたいと思います。少なくとも今の私がまさしくそういった疑問を持っていて、心にかかったモヤを少しでも晴らしたいと思っているからです。

 

人妻はモテるが……?

 結論から言うと、人妻になってもモテる人はモテます。(ドォオン!!)
人によっては結婚後のほうがモテるという場合もあるでしょう。ドドォオオンン!!!!!

 婚姻届けに我々の肉体やコミュ力を根本的に変化させる力があるわけではないので、結婚によって人としての魅力が大きく変化することはありません。しかし結婚によって自分や周囲の人間の行動が微妙に変化するので、人によってはモテ度が上がったり下がったりするケースが見られます。

人妻が「女」じゃなくなるのは男の事情だった! 


 しかし結婚後、一部の男性から(表立っては)「女」として見られなくなる事態が発生することがあります。それは男性社会は人妻を、「夫である男の所有物」(!!)とみなすからです。一般的に男性は目の前に実際に存在している異性よりも、その背後に控える同性の存在を重要視する傾向があります。
 魅力的な異性と関わるチャンスがあったとしても、たいていの場合は付き合えるわけでもありませんし、そんなことより同性である彼女の所有者の反感を買わないようにしたほうが、男性にとっては生きていくうえで得策だからです。
 しかしこの事実を男性があからさまに口にすることはありません。権力闘争を生きる男性にとって、女性より同性を気にするのは当たり前ですし、既婚女性を夫の所有物と考えているなんてわざわざ言う必要がないことだからです。

モテる原因は本人の魅力の有無だけではない

 他の男を牽制する夫の威力の存在を知らない女性は、急に以前よりよそよそしくなった異性の態度に戸惑ってしまうこともあるでしょう。それまで男性から言い寄られることを嫌がっていた人でも、結婚後急に周囲の男性の態度がガラっと変われば、うっかり傷ついてしまうこともあるでしょう。まるで自分の価値が損なわれたかのように感じるからです。
 そして社会にはこうした女性の不安に答えるさまざまな言説がすでに用意されていて、それらは私たちをさらに追い詰める効果を持っています。
 例えば「〇ン」や「中古」など、男性と付き合った経験のある女性をおとしめる発言です。もちろん女性の中にも、経験の少ない異性を偏執的に愛しく思ったり、他の女と自分を比べてくる男は嫌だという人もあります。ですから経験を積んだ異性を避けたい心理はわからなくもないですが、ここでは男性特有の社会構造に注目してみたいと思います。

男に秩序を守らせるのは大変だから女を使って帳尻を合わせる

 「欲しいものがあったらルールを捻じ曲げてでも手に入れろ」「権力は正義! 偉くなればなんでも許してもらえる」……権力や競争を基本原理に走らされている男性たちが、争わずに平和に暮らしていくにはどうすればよいのでしょう?
 すべての男に女を充てがって、一家の主として権力を与えてみてはどうでしょう? 支配欲や攻撃性を発揮できる場所をめいめいに与えれば、人の女を欲しがってケンカすることも減るかも知れません。多少女性が我慢しなくてはならないでしょうが、不特定多数の男性の(愛という名の)攻撃から身を守ることが出来ますし、結果的には全体の幸福度が上がるに違いありません。

 

一粒で二度おいしい♡”欲求不満の人妻”という幻想

 男性が女性の経験の有無を気にするのは、男性が女性より同性の存在を重視するからです。彼女の経験値や性格うんぬんなどより、背後にいるかも知れない同性が気になるのです。ですから自分に自信がなくて、同性との闘いの舞台に上がりたくない、比較されたら負けるかもしれないと考える男性ほど処〇厨になります。

処〇厨はありがたい

 「中古」だの「槍☆満」だの罵られることは腹立たしいですが、彼らの存在があるからこそ、結婚後の我々の安全は高まるのです。うっとうしい男たちが自分からどっか行ってくれるんですから、結婚は便利な機能を備えています。
 大切なのは「中古」や「槍☆満」などといった悪口を、女性の側が言葉どおりに受け取らないことです。男性が恐れるのはいつだって同性です。未経験(に見える)女には男が集まりやすいですので、そうした女性はモテるのだと勘違いする女性もあるかもしれません。しかしそれは男性が「後ろ盾のない女には、何をしても文句を言う奴が出てこないだろう」と思っていることの裏返しなのです。
 私たちは結婚のよいところに感謝し、同時に発生してしまう副作用から距離を取らなければなりません。この社会は男性ばかり優遇されるように見えて「クソが」という気持ちが消せませんが、私たちはそこから恩恵を得ていることを忘れないでください。まだ人間の暴力性を完全にコントロールする手段が見つかっていない今、私は結婚制度を人間の叡智の結晶だと捉えています。

人妻の魅力

他の男の影を感じさせない女は男を安心させるのでモテるとお話ししました。では人妻に特別な魅力を感じるという男性は、一体何に惹かれているのでしょうか?

必要とされるってキモチイイ!!

 夫に相手にされなくなったさびしい人妻というイメージは、男としての自分の存在価値をおおいに感じさせてくれる魅力的な存在です。自分と同じく人から必要とされなくなった女性(実際はモテモテ)に安らぎを覚えますし、また「彼女の価値を唯一認めてあげられる存在」という幻想に酔いしれることも可能です。


引用:アラサーちゃん 無修正 4

 峰なゆかさんがアラサーちゃん 無修正 4で指摘するように、弱った女性から頼られ、必要とされることによって生きがいを得ようとする男性はたくさんいます。夫から大切にされていないという「欲求不満の人妻」というイメージは、そんな男性を輝かせるキラーワードです。
 それに人妻の夫に対する要求は莫大でしょうが、間男へのそれはたかが知れています。「女扱い」「性行為」「心のつながり」など、限定されたタスクは男性のやる気に火をつけます。
 多くの人は他人の役に立って感謝されたいのですが、その願望を恋愛を通じて叶えられる男女はそう多くありません。なぜなら結婚前の未婚の男女が相手に求めることは膨大であるため、それを相手の気持ちになって一つ一つ推測し叶えてあげることは、考えただけで疲れてしまうからです。

モテるコツ
「何をどうすればこの女を喜ばせられるか、手に取るようにわかる!」と男に思わせられる女はモテる。

「モテない女」というモテる女 

 また自分に自信のない男性にとって、「いまいち人気がない女」は安心して手を出せる魅力的な女性です。人妻は男性社会において「欲求不満の中古のババア」ということになっていますので、若い美女に対しては腰が引ける男性であっても、人妻に対しては「男の自分をありがたがってくれるのでは?」という夢を見ることが出来ます。


引用:女くどき飯

 こちらも峰なゆかさんの女くどき飯からの抜粋ですが、恋愛に積極的になれないという男性が峰さんに対して、

女子に自分からグッと行って「キモい」「何勘違いしてんの」って思われるのがすごく恐いんですよ
嫌われるくらいなら何もしないほうがいい
引用:女くどき飯

と語ります。こういった男性を勇気づけるのが、女性に対する見下しや蔑みです。若くて美人であったり頭がよかったりすると、「すごい…自分なんか…」と元気がなくなってしまいますが、見下せるポイントさえ見つかれば、俄然「男」としてふるまう力が湧いてきます。
 特に人妻は、存在そのものが男性社会では「価値がないもの」とされていますから安心して下に見ることが出来ますし、人妻の夫に対しても「女ひとり満足させられず、その上他人にかすめ取られるバカ」と優越感を感じることが出来ます。

モテるコツ
相手をばかにすることで、男は安心して劣情に身を任せることが出来る。

以上、蜜でした♡

SPONSORED