大幅にリライトしました!

我が家で人気だった絵本②(4才~)実際に息子が幼稚園児のとき読んでウケたものをご紹介!

「おなら」長新太著

「おなら」長新太著

今回は、うちの息子たちが幼稚園のときにお気に入りだった絵本をご紹介したいと思います。

うちでは基本的に、Amazonの絵本の売れ筋ランキング絵本ナビでオススメされていた、ロングセラーや人気の本を中心に買い集めてきました。

幼稚園までに実際に買った本は200冊くらい、図書館も利用して合計400冊ほど読ませたと思います。

その中には親は気に入っているけれど、子どものウケはいまいち、と言う本も結構あって、そういうのは今回は省いています。

SPONSERED

うちの子に人気があった絵本一覧(4才)

下の一覧のタイトルをクリックすると、該当箇所へ飛びます。対象年齢は絵本ナビのHPを参考に作成しました。

タイトル(クリックでジャンプ)読み聞かせ対象年齢Amazonでの評価絵本ナビでの評価レビュー(Amazon)レビュー(絵本ナビ)
11ぴきのねこ4 歳~4.64.6542件181件
おなら4 歳~4.74.7810件68件
おばけやしき4 歳~4.74.6920件28件
きょうのおやつは5歳~4.54.67102件45件
キャベツくん4 歳~4.14.5423件256件
ばばばあちゃんのアイス・パーティ4 歳~4.64.725件64件
ラチとらいおん4 歳~4.74.7356件205件

※2019.11.1作成

11ぴきのねこ

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥1,320 (2019/11/14 00:44:35時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 1967年4月 4.6(42件) 4.65(181件

11ぴきのねこが、おなかがすかせて巨大な魚を捕りに行くというお話。

シンプルなストーリー、シンプルな絵ながら、不思議とぐいぐい引き込まれます。

ねこたちはずるくて卑怯なのですが、なんとも憎めない愛敬があります。

特に、魚を”ねんねこさっしゃれ”という子守唄で眠らせ、寝込みを襲うシーンは秀逸。

そういえば小さい頃母が歌ってくれて、何とも物悲しい(不気味な?)メロディーだと思いました。

子どもが何度も読みたがる本。

一覧表に戻る

SPONSERED

おなら

created by Rinker
¥972 (2019/11/14 02:37:47時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 1983年8月 4.7(10件) 4.78(68件)

大好きな「おなら」と、長新太さんのユーモラスな絵。

子どもの心をわしづかみにする絵本です!

しかも、この本は福音館書店の「かがくのとも傑作集」の一冊。科学絵本でもあります。

人は一日にどのくらいおならをするのか、肉食動物と草食動物ではどちらのおならがくさいのか、などなど、おならにまつわる知識がつきます。

小さいうちから科学の絵本を読んでおくと、小学校に上がってから図鑑や科学番組が一人で楽しめるようになりますよ。

「かがくのとも」の人体に関する本だと、他に「ちのはなし」「はははのはなし」「みんなうんち」あたりがうちでは人気でした。

created by Rinker
¥990 (2019/11/14 02:37:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥972 (2019/11/14 02:37:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥972 (2019/11/14 04:42:01時点 Amazon調べ-詳細)

一覧表に戻る

おばけやしき

created by Rinker
¥3,300 (2019/11/14 04:42:02時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 2005年 4.7(20件 4.69(28件

「おばけやしき」はちょっと怖い仕掛け絵本です。

ホテルにやってきたお客さんが、モンスターや怪奇現象に次々と遭遇し、そして泊まった翌朝なんと…!(結末はヒミツ♡)というお話。

遊びの要素がふんだんに盛り込まれていて、指で仕掛けを回したり引っ張ったりして絵の変化を楽しめます。

すごく豪華で素敵な絵本で、下の子は学童に持って行って友達に自慢していました。

絵本ナビさんのHPに飛ぶと、動画や中身が見られます。
一覧表に戻る

SPONSERED

きょうのおやつは

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/14 02:37:50時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
5歳~ 2014年10月10日 4.5(102件) 4.67(45件)

仕掛け絵本と言えば、「きょうのおやつは」という鏡を使った絵本もすごく人気でした。

本を直角に縦に開くと絵が完成する、斬新な絵本。

ストーリーはシンプルで、ホットケーキを作るだけです。

でも「しろくまちゃんのほっとけーき」が好きだった息子は、この本を気に入ったよう。

あと机の上で開くと、自分の顔も鏡に映りこむんですよね。それが地味に嬉しかったり。

卵もミルクもホットケーキも全部おいしそうで、猫もすごくかわいいです。

一覧表に戻る

キャベツくん

対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 1980年09月 4.1(23件) 4.54(256件)

さきほどご紹介した「おなら」に続いて、再び長新太さんの絵本です。

おなかをすかせたブタヤマさんが、道でばったり出会ったキャベツくんを食べたがるも、「ぼくを食べたら体の一部がキャベツになる」と脅され諦めるというお話。

ブタヤマさんの「ブキャッ!」という叫び声が子供のツボにはまったのか、何度も「読んで!」とせがまれます。

結局、最後はキャベツくんがブタヤマさんを食事に誘ってあげるのですが、その様子がなんともまぬけでシュール。笑えます。

うちの子は長新太さんのノリが好きだったので、同氏の「ノンビリすいぞくかん」や「にんげんになったニクマンジュウ」も好きでしたね。

好きな子はすごくハマる本です。

created by Rinker
¥1,100 (2019/11/14 04:42:02時点 Amazon調べ-詳細)

一覧表に戻る

SPONSERED

ばばばあちゃんのアイス・パーティ

対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 1998年5月15日 4.6(5件 4.72(64件

うだるように暑い夏の日に、子どもたちとばばばあちゃんが色々なものを冷凍庫で凍らせる実験をするお話。

フルーツやお菓子を凍らせるというアイディアは、子どもの興味を惹きつけるよう。

この本を読んだせいか、うちの子たちは何でも凍らせたがります。

バナナやブドウ、サイダーやお菓子など。すごい影響力!

おかげで下の子は、食パンを常に凍らせて食べるようになってしまいました…トホホ

個人的には、イギリスのオックスフォード社の知育絵本に雰囲気が似ているなあと思いました。

あとは、フリズル先生シリーズとか。少し洋風な香りのする本です。

でも外国の絵本と違って、ばばばあちゃんシリーズには日本のおもちゃやお菓子が出てくるので、子どもにはとっつきやすいと思います。

一覧表に戻る

ラチとらいおん

created by Rinker
¥1,210 (2019/11/14 19:40:04時点 Amazon調べ-詳細)
対象年齢 発行日 Amazon評価 絵本ナビ評価
4歳~ 1965年07月 4.7(56件) 4.73(205件)

「ラチとらいおん」はハンガリーの絵本です。

泣き虫でよわむしのラチが、ライオンのぬいぐるみに鍛えられて成長するというお話。

ドラえもんとのび太の関係性を彷彿とさせます。

「男の子は弱虫・泣き虫ではいけない」というメッセージや、男の子に守られる女の子像は今の時代に合っていないものの、ラチとライオンの心温まるストーリーがステキでついつい何度も読んでしまいます。

ラチはおしりのポケットにライオンを入れて、暗い部屋や近所の乱暴な男の子への恐怖を克服していきます。

ライオンはラチに体操させ、強くなる術を教えます。

そしてある日、ライオンは置き手紙をして、成長したラチのもとを去っていくのです。

ライオンを必要とする、別の子のところへ行くために。

最後のライオンの手紙がホロっときちゃって、泣けるのです。

また、涼し気でポップな色づかいや、ライオンや女の子のレトロでゆるいかわいさがたまらない絵本です。

一覧表に戻る