大幅にリライトしました!

モテたい人に限ってモテないわけ】モテようと思わないほうがモテるよ

『女くどき飯』峰 なゆか著

『女くどき飯』峰 なゆか著

モテたいと思っている人はモテなくて、かえって恋愛に関心がない人のほうがモテる――

この世はなんとも理不尽だと思いますが、一体なぜなのでしょうか?

実は「モテたい」は相手を無視した独りよがりな願望なので、押し付けられた人は自分の存在を否定された気分になるからです。

SPONSERED

恋愛は独りよがりになりがち

たとえば、下の画像は漫画家のカラスヤサトシ氏の中学生のときの体験をもとにした、『モテないのではない モテたくないのだ!!』というマンガの一コマです。

片桐:「オレは仙道にふりかかるすべての災いをとりのぞき 一切の苦しみから救い出す!!」

今こうして決意をしているところを 霊界テレビ的なものでどこかで仙道が見てて

自分にホレるところを想像し幸せな気持ちにひたる

引用:『モテないのではない モテたくないのだ!!』カラスヤサトシ著

主人公の中学生・片桐くんは仙道さんという女の子に片想いをしているのですが、彼女に気持ちを伝える前に好意が暴走してしまいます。

上のシーンは問題を抱えた彼女を守りたいと思って、彼が一人誓いを立てているところです。

しかしどんなに強く想っていても、本人に受け入れられなければ独りよがりになってしまうんですよね。

恋愛は「理想の自分」を実現するお手軽なツール

普段は相手をきちんと気遣える人でも、恋愛になると途端に一方通行になってしまう、というのはよくあることです。

なぜなら恋愛は、相手役を一人見つけさえすれば、手軽に「理想の自分」に変身できる魔法のツールだからです。

この競争社会で自分を肯定して生きていくのは大変です。

頭のよさやコミュ力、センスや外見、収入などどれか一つでも欠けていれば強烈な劣等感を感じるようにこの社会は出来ています。

ちっぽけな自分を認めたくない、勝てない自分から逃げたいと思うと、ついつい人は恋愛やモテから得られる承認に救いを求めてしまいます。

しかし、自分が思う自分を肯定してくれる相手は、なかなか見つかりません。

SPONSERED

独りよがりな人は気持ち悪い

自分勝手な自己像を押し付けられると、ほとんどの人は自分が否定されているように感じるんですよね。

さきほどの片桐くんを仙道さんの視点から見ると、たぶん下のおじさんのように「理想の自分」と「実際のふるまい」が大きくかけ離れた人に見えると思います。

昔、職場(とある官公庁)に無意識に女の体をみちゃう職員がいた

本人は自分を爽やかな青年だと思っていた

引用:『オトナの保健室』朝日新聞「女子組」取材班著(漫画:田房永子)

上のおじさんのように、相手の反応を無視して一方的にじろじろ見てしまうと、相手は心底気持ち悪く感じます。

職場で性的な対象として扱われるのはもちろん不快でしょうが、おそらく「反応が返ってくる相手だと思われていない」ことに一番嫌悪感を覚えると思います。

社会は自分以外の色んな「人」と共存しなければならないのに、自分の都合のいい世界をそのまま持ち込んで、他人を無視していいと思っているところが不快なのです。

片桐くんは上のおじさんほど気持ち悪くないかも知れませんが、相手に都合のいい存在であることを求め、妄想のパーツにしてしまっているところは同じです。

どれだけ強く求められようと、都合のいい存在としてしか認められないなら、誰も一緒にいたいとは思わないのです。

相手の気持ちを踏みにじるとモテない

「モテたい」と思う人もこれと同様に、知らないうちに生身の人間を使って、理想の自分を実現しようしてしまいます。

「なりたい自分」を演じるチャンスをうかがう様子は、人には手に取るようにわかるものです。

独りよがりな言動で気持ちを無視されて、いい気分になる人はいないからです。

ですからモテたければ、まずは「モテたい」と思わないことが大切なのです。