ワセリン・ベビーオイルの純度と価格まとめ

油性化粧品の選び方ー私の場合

 こにゃちは、蜜です😙 油性化粧品について記事を書く中で、ワセリンやベビーオイルについて調べてわかったことをまとめてみました。

ワセリン

 ワセリンは腐敗・酸化・紫外線による変質のリスクが大変低く、安定性が高いので管理が簡単な油性化粧品です。私は同じく石油から分留されるベビーオイルと混ぜて、好みの柔らかさにして使っています。

 また簡単に精油やほかのクリームとも混ざるので、お好きな香りや成分のクリームを自分で作ることもできます。以前の記事にのっけた図をまた持ってきますね。

油性化粧品の選び方ー私の場合

油性化粧品の選び方ー私の場合

純度と価格まとめ

純度  商品名  参考価格  メモ
★★★★★  サンホワイトシルキー 21.6円/g 2017.9に新発売されたエアポンプ式のワセリン。ジェル状でとても柔らかく、しかも純度も高い。欲しい! 
★★★★★  サンホワイト  23円/g  現在販売されているワセリンの中ではもっとも精製度が高い。
★★★★☆  ワセリンHG  6.5円/g  近所の薬局によく売っている。
★★★☆☆  プロペト  9.55円/g  病院でよくもらう。
★★☆☆☆  白色ワセリン  8.2円/g  ワセリンソフトと白色ワセリンソフト、ベビーワセリンは中身は全く同じものだそう。
★★☆☆☆  ベビーワセリン  5.96円/g  今月はこれを使っている。パッケージがかわいい。
★☆☆☆☆  ヴァセリン  5.13円/g  ものによっては石油のようなにおいがある。不純物は多そうだけど、私はこれを使ってて主婦湿疹が治った経験がある。

※価格はAmazon調べ。一番小さい容器サイズのもので計算。グレードと価格がきれいに比例していないですが、ボトルの大きさによってグラム当たりの価格が変わります。買うとき確認してお得なのを選んでください。(2018.4.5)

お金があるときはサンホワイト

 純度の低いワセリンは肌の上で変質しやすく刺激物も多いため、シミや炎症の原因になるといいます。お金に余裕のある人はサンホワイトがいいです。

 下は2017.9に発売されたサンホワイトシルキーです。伸びがよく、ポンプ式なのだとか。発売されているのを知らなかったので、まだ使ったことがありませんが欲しいです。早速@コスメで口コミを見たところ、ジェル状で少量でよく伸び、画期的なワセリンだと絶賛されていました。

 口コミによると、ポンプ式の柔らかいワセリンで評判だったホワイトベアーワセリン(私も欲しかったけどサンホワイトがたっぷりあったので未購入)よりもさらに柔らかいそうです。

まあまあお金があるとき

 HGワセリンはたまに薬局で目にします。買ったこともありますが、普通にいいワセリンです。

 昔皮膚科に行くと、よくプロペトヒルドイドを混ぜたのを処方してくれました。

手頃な価格で買いやすい

 パッケージがかわいくて、思わず買ってしまったベビーワセリン。特ににおいもなく、普通だし安いです。白色ワセリンソフトワセリンソフト中身同じだという情報を入手しました。今のところ(2018.4.5)このグレードなら、Amazonならベビーワセリンが安いみたいですね。

ベビーオイル

 ベビーオイルは流動パラフィン(ミネラルオイル)が主な原料で、ワセリンと同じく石油から分留されるので1)wikiペディア:パラフィン性質が似ており、私は硬いワセリンのテクスチャーをゆるめるのに使っています。

 ただ一般に売られているベビーオイルは食添品グレード2)流動パラフィン「ハイコール®」シリーズのようで、純度があまり高くはありません。

 医薬品グレードの流動パラフィンも販売されているのですが、家庭用に入手するのはちょっと難しそうです。詳しくは「局方 流動パラフィン」で検索してみてください。ハイコールMというのがドラム缶で売られているのはみましたが、一人で使うには多すぎる!

以上、蜜でしたー👩‍💻

脚注   [ + ]

SPONSORED