英語学習】ゲームのアイテムやモンスターの名称と画像を一括取得し、フラッシュカードデラックスで暗記する方法

フラッシュカードデラックスでゲームのアイテムを暗記する

フラッシュカードデラックスでゲームのアイテムを暗記する

勉強なんてしたくないけど、ゲームのアイテムやモンスターの名前ならいくらでも覚えちゃうぞ!というキッズは多いですよね。

うちの小学生ももれなくそういうタイプで、「もしかしたら…?」と思ってフラッシュカードデラックスドラゴンクエストビルダーズ2の全モンスター&アイテムを登録してみたら、全て英語(発音のみ)でまるっと覚えてくれました。1000個くらいあって、そうとう難しいんですよ。たとえばArmoire(大型クローゼット)とか今私が覚えてる単語なんですけど、子どもに先を越されてしまいました(汗)。

そろそろドラゴンクエストビルダーズ2の全モンスター&アイテムが終わるところで、次はマインクラフトのアイテムやブロックを覚えたいそうです。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,727 (2021/10/27 04:08:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥3,273 (2021/10/27 04:19:09時点 Amazon調べ-詳細)

SPONSERED

モノづくり系のゲームは身近な単語がどっさり

両方とも

  • 身近な動物や植物、鉱物が山ほど出てくる。
  • 料理名や家具、工具なども山ほど出てくる。
  • 英語も日本語もwikiが充実しているのでテキストと画像の取得がカンタン。
  • 絵がかわいいし画像が軽い。
  • ブロックばっかり!でも子どもは喜んで覚えたがる。

という特徴があり、フラッシュカードデラックスで暗記するのに非常にオススメの素材となっています。普通にデッキを作るのに比べても、テキストはコピペでいいのでOCRは要らないし、画像もそろっているので超ラクです。

特に、マインクラフトはYouTubeに世界中からゲーム実況が上がっていて、子どもたちは普段からそれを英語で見てるんですよね。

私が「英語だけどわかるの?」と聞くと、「見てればノリでわかる」と言います。そしてしょっちゅう「マインクラフトの〇〇って英語でなんて言うの?」と聞いてくるので、英語でアイテム名を覚えることに全然抵抗がないし、むしろ動画を楽しむために積極的に覚えたいみたいなんです。

アイテム名やモンスター名をフラッシュカードに入れる方法

というわけで今回は、

ゲームのアイテムを暗記素材にする方法
 
  1. アイテムの名称を取得。
  2. アイテムの画像を取得。
  3. フラッシュカードにアップロード。
  4. 音声のダウンロードや設定。

の手順で、ゲームのアイテムをフラッシュカードデラックスで暗記する方法をお伝えしたいと思います。

参考 Flashcards DeluxeGoogle Play

実際のフラッシュカードデラックスの画面は、スマホだとこんな感じ↓。

日本語と英単語の頭文字、「M—- S—-」のようなヒントを見て、英単語を口頭で答え、カードをタッチして裏面の音声を聞いて答え合わせします。

フラッシュカードデラックスでゲームのアイテムを暗記する

フラッシュカードデラックスでゲームのアイテムを暗記する

スライムの画像はドラゴンクエストビルダーズ2のもので、攻略サイトからお借りしました。作成したデッキはいつものように忘却曲線にそった反復学習、英語と日本語の音声をカードをめくれば自動再生するように設定していきます。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,727 (2021/10/27 04:08:50時点 Amazon調べ-詳細)
参考 【ドラクエビルダーズ2】モンスターの一覧【DQB2】ドラクエビルダーズ2(DQB2)攻略Wiki

SPONSERED

攻略サイトから画像を一括で取得

攻略サイトから一括で画像をダウンロードするには、今回はグーグルクロームの拡張機能「Image Downloader」を使っていきます。

参考 Image Downloaderchromeウェブストア
Image Downloaderの使い方

Image Downloaderの使い方

上↑の画像で開いているのは、「ドラクエビルダーズ2(DQB2)攻略Wiki」のモンスター一覧のページです。

ダウンロードした画像のファイル名を取得し、グーグルドライブにアップロードする手順は以前こちら↓にまとめましたので、参考にしてみてください。

グーグルドライブにフラッシュカードデラックスのフォルダを作るファイルのパスをコピーして時短!グーグルドライブ経由でフラッシュカードに画像ファイルを登録する方法

モンスター名の文字列の取得(日本語)

モンスターの名前も、エクセルを使って一括で処理していきます。コピペとジャンプですぐ終わります。

まず、攻略サイトのモンスター名を表ごと一気に選択し、コピーします。

エクセルで新規ファイルを開き、そのままペーストします。画像や線も一緒に貼られてしまいますが、「値」で貼付けすると「スライムスライム」などとなぜか名前が2回繰り返されてしまうので↓。

モンスターリストの表をエクセルにコピペ。

モンスターリストの表をエクセルにコピペ。

モンスター名の列だけコピーして、隣のシートに「値」として貼付けしたところ↓。列を選択した状態でジャンプで空白セルを選択すると一括で消去できる。

列を選択した状態でジャンプで空白セルを選択すると一括で消去できる。元の表では複数のセルが統合されていたため、空白がたくさん出来てしまいました。

手動でチマチマ消すのはめんどくさいので、Ctrl+Gでジャンプ機能を呼び出し、

ジャンプ>セル選択>空白セル

で空白セルのみ選択できるので、こうすると一括で空白セルを消去することが出来ます。パソコンのスペックが足りなくてフリーズする場合は、ソートして空白行のみ集めて少しずつ消してもOK。行ごと消すためのショートカットはCtrl+”-”です。

SPONSERED

モンスター名の文字列の取得(英語)

ドラクエビルダーズ2の英語のリストは、英語の攻略サイトのデータをコピーしてきます。

参考 MonstersGameFAQs

エクセルにペーストしたところ↓。いらない行と列を消去して、モンスター名の入ったセルのみにします。

テキストをエクセルにコピペしたらモンスター名の入ったセル以外消去。

テキストをエクセルにコピペしたらモンスター名の入ったセル以外消去。

このまま暗記用素材にしてもいいのですが、口頭で大量に暗記する場合は単語の先頭と文字数を可視化してあるほうが暗記しやすいです。なので、「M—- S—-」のようなヒントを、表面の日本語訳の下に加える方法を↓のページにまとめました。

作業終了後のイメージ;ソートして数式をドラッグして適用する。フラッシュカードデラックスで単語の先頭の文字と文字数をヒントとして表示させる方法

作成したリストをグーグルドライブに登録

では、作成したリストをグーグルドライブのスプレッドシートにコピペしていきます。先頭行に入力するのは、今回は画像付きなので、「Text 1」「 Text 2」「 Picture 1」です。

実際の画面はコチラ↓。

作成したリストをグーグルドライブに保存してアプリでDL。

作成したリストをグーグルドライブに保存してアプリでDL。

無事作成出来たら、このスプレッドシートと同じ階層に画像フォルダをアップロードします。名前の付け方など詳しいやり方は以前こちらにまとめたので、参考にどうぞ↓。

グーグルドライブにフラッシュカードデラックスのフォルダを作るファイルのパスをコピーして時短!グーグルドライブ経由でフラッシュカードに画像ファイルを登録する方法

以上で今回の説明は終わりです。お疲れさまでした!