大幅にリライトしました!

色気とは「妄想が叶えられるかも知れない」という期待感のこと

こんにちは、蜜です! 今日は色気とは何か考察してみたいと思います。

SPONSERED

色気をめぐる都市伝説

まず最初に、色気について巷でよく聞く噂を検証してみます。

色気をめぐる都市伝説
  • 女性ホルモンが多い人は色っぽい♡
  • 恋愛経験が豊富だと色っぽい♡
  • やっぱり色気は天性のもの♡
  • ミステリアスな女性は色っぽい♡
今パッと思いつくものを何個か挙げてみました。果たして人々はどんな特徴を持つ人を、「色気がある」と呼んでいるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

都市伝説1.女性ホルモンが多い人は色っぽい

生理前、PMSとかでイライラするときって、割とみんな女性ホルモンいっぱい出てると思うんですけど、たぶん色っぽくないですよね?

大人のボディに近づきつつある少女ならともかく、過剰な女性ホルモンが我々成人女性にもたらすのは色気ではなくておそらく吹き出物、いやざ瘡(ざそう)です。(我々の吹き出物はニキビではないらしい涙)

健康な人は色っぽい?

じゃあ「ホルモンが多い」だとなんか違ったみたいなんで、「ホルモンバランスのいい人は色っぽい」と言い換えてみましょうか。ホルモンバランスがいいということは、つまり健康ってことですね。

あれ、おかしいな、「健康な人って色っぽい」ってちょっと意味がわからないです。反例が多すぎやしませんか?

都市伝説2.恋愛経験が豊富だと色っぽい

経験が物を言うのなら、年齢を重ねた女性が断然有利です。みなさんの周りの女性もやっぱり、結婚年数が長い人ほど色っぽいでしょうか。

私の身近なおばさまたちは逆に、「恋愛はもういい」というメッセージが服装や行動からあふれ出ている人が多いです。経験を積んでコリゴリしてしまうほうが、おそらくマジョリティだと思います。

たしかに若いうちから恋愛経験豊かな女性は、色っぽい人が多いかも知れません。

しかしその場合、経験が彼女を色っぽくしたと言うよりも、もともと色っぽくてモテたから若いうちから経験を積めた可能性が高いのではないでしょうか。

都市伝説3.ミステリアスな女性は色っぽい

そもそも「ミステリアスな女性」という存在自体ファンタジーでしょう。なんかそれっぽいこと言ってるようで、実際は何もゆうとらん典型みたいなセリフやな!

…と思ってたんですが、ググってみると色気ミステリアス系の言説はネットでは割と多く、私も読んでいるうちに信憑性があるように感じるようになりました。

他には

  • 家庭環境が複雑な人は色っぽい
  • 苦労している人は色っぽい
  • おしゃべりじゃないほうが色っぽい

などが挙げられますが、このへんについては後日詳しく考察したいと思います。

逆から考察してみる:「色気のない女」とは

ここまで色気にまつわる都市伝説を検証してきましたが、ここからは逆に、「色気がない」とはどんな状態なのか考えてみたいと思います。

どんな女が色っぽくないと言われるか検証することで、色気に必要な要素をあぶりだしていきます。

「色気がない」と言われる女性の共通点

まず、「色気がない」と男性が批判しそうな女性を2タイプ描いてみました。

色気がない女
  • 恥じらいのないあけっぴろげな女性
  • 男ウケを狙わない女性
こう具体的に描いてみると、露出や顔の美しさが色気に直結するわけではないことがよくわかりますね。

男の目線に立ってみると

女性はどうしても「色気」を雰囲気とか物腰など、フワッと抽象的なイメージで捉えがちです。

しかし思い出してください。

男性が色気を、めちゃくちゃ具体的に「勹゛ッとくる」などと表現することを。なぜなら男性にとって色気とは、ズバリ妄想を刺激される肉体的な経験なのです。

つまり、色気とは「自分の妄想が叶えられるかも知れない」という期待感のことなんです。

SPONSERED

色気とは「妄想が叶えられるかも知れない」と感じること

男が女を見て色気があるとかないとかしきりに言いたがるのは、女を見れば性行為を具体的に想像しているからです。

そして、その想像が自分にとって「アリ♡」だと思えば「色気がある」と判定し、そうでない場合は「色気がない」のです。

男の身勝手な妄想が「色気」を生み出す

人間を商品のように評価対象として見る、という男性心理にピンとこないヤングは多いかと思います。しかしこのことを理解しないうちは、男性の評価にいちいち一喜一憂してしまい、距離をとって冷静に考えることが難しくなってしまいます。

なのでここでは一旦、女に対する男の身勝手なジャッジメントについて説明しておきたいと思います。

田房永子さんがこの点について上手に解説なさっていたのでご紹介します。↓

この連載は「オトナの保健室」に収録されています。上のマンガが面白かった人はぜひ買って読んでください。

上のマンガの男の子が変なのは、女性と関係を築くという視点がスッポリ抜けているからです。

自分は常に選ぶ側であり、選ばれる立場になることなど想像だにしない傲慢さ。女性にはちょっと理解できない感覚です。

しかし、少なくない数の男性にとって、世界とは自分の気持ち一つで女が思い通りに反応するところなのです。

女性に対して「あいつは”女”じゃない」「もうおばさん」などと言いたがるのは、女は男にサービスを提供する存在であり、その役割を受け入れるべきだと考えているからです。

そしてそういう観点から見れば、拒絶する女は自分を”男”とみなさない女であり、彼女の存在は自分が男として十分な地位(能力)を示せていないという敗北の証なのです。

この色気を受信する男性側の心理について、ちょっと覚えておいてくださいね。

※ちなみに、男性が女性を清らかな存在と汚していい存在とに分けて考える仕組みについては、岸田秀さんの性的唯幻論序説に詳しいです。読めば目からウロコの連続ですよ!