大幅にリライトしました!

女をタダで利用して自己イメージを上げたい男

気遣いする気ないの?出来ないの?

気遣いする気ないの?出来ないの?

「好意があるならタダでやらせてくれて当然」
「女らしい心配りと引き換えに、気遣いやプレゼント、レストランでの食事を要求する女はピュア(普通)じゃない!」

SPONSERED

要求されるだけで不快

このような無神経な言葉を、男性からかけられたことのある女性は多いのではないでしょうか。実際に言われなくても、そんな感じのことを思っていることが見え見えの男性とか。

大した気遣いも出来ないくせにあまりにも当然のように要求してくるので、もしかして嫌だと思う自分が間違っているのではないか、と思ったり、

また自己犠牲や無償の奉仕は女らしい行動とされるものですから、それに応じないと人として間違っているのではないか…、と自分で自分を追い詰めてしまったり。

気遣いする気ないの?出来ないの?

「そんな関係は嫌だ!」と断る自由はあるにせよ、「一方的に笑顔ですべて寄こせ」という態度をとられただけでもやもやしてむかつきますよね。私をなんだと思ってんだ?人ぞ?

なぜタダにこだわるのか

だって相手は女性の状況に無関心で自己中心的なのに、理不尽な要求をされた側の自分がわざわざ神経を使って和やかな雰囲気を維持するために感情的なコストを支払わなければならないからです。自分の利益を守るために断るのは当たり前なのに、こんちきしょう理不尽です。

なぜ、一部の男性たちは女性に一方的に要求してよいと思っているのでしょうか?

お付き合いとはお互いに気遣いや思いやりを示し、一緒に楽しい時間を過ごすためにするはずです。女性だけが一方的にご機嫌を取ってあげなければならないなら、なにが悲しくてそんなことに大事な時間を使わなきゃならないんでしょう。

SPONSERED

仮説1.尽くされると「モテる男」気分が味わえるから

一つ目の仮説は、自分は何もせず女性に一方的に尽くさせることで、男性は自分が強くなったように、上の存在になったように錯覚するから、というものです。

鹿島茂氏は次のように言っています。

とにかく、ヴュルネラビリテを発散する女の子が相手なら、男はたとえ弱虫でも強くたくましくなったと感じることができるのです。

引用:鹿島茂悪女の人生相談

ヴュルネラビリテを発散する女の子、というのは、「か弱く見える女の子」といったところです。この文脈にそって「一方的に笑顔ですべて寄こせ」という彼(以降「笑顔で寄こせ男」)の行動を解釈するなら、

「おれ様の言うことを聞く女を引き連れると自己イメージが上がってモテて強くなったように感じて満ち足りるから、お前はそういう女の子役シクヨロ♡」

といったところでしょうか?

おれだって一人前の男になりたい

つまり「モテて強い男は女に尽くされるだろう。だから尽くされれば、オレもモテて強い男の仲間入りだ!」と考えているわけで、それだと原因と結果が逆だと思いますが、彼は天才なので論理とか関係ないのかも知れません。

硬派と札束で顔ひっぱたく人

しかし平凡に考えたら、
「尽くされる=モテている=強い、上の存在である」
ではないですよね。モテる人はきちんとコミュニケーション取れる人です。

これが成り立つと思っているなら、

「金と権力がある男は、女にやりたい放題やれるんじゃい!」

という昭和の遺物と同レベルの思想の持主ということになってしまいます。もし彼が「きちんとした収入がないからモテないし結婚できない」みたいなことちょろっとでも言っていたらビンゴです。

心の奥深くに「女の顔色なんて見ずに札束(や権力)で顔をひっぱたきたくなる」呪いがかかっているから、相手の様子を観察してなるべく心地よい態度を取ったり嫌なことをしないように気をつける、という人間関係の基本のキが出来ないのです。

本当は出来ないんじゃなくて、そもそも女と会話なんてしたくない。むしろ相手のために自分が愛想をよくしたら負けという価値観を、昭和の父に脳天からアヌヌめがけて打ち込まれてしまっているのです。

媚びない男を支える根拠

人を利用して自己イメージを上げたい

また鹿島茂氏は

そうした男にとって唯一大切なのは、ヴュルネラーブルな女の子を相手にしているときの自分の「強い、たくましい」イメージのほうであって、相手の女の子の心や体などどうでもいいということです。

引用:鹿島茂悪女の人生相談

とも言っています。

「笑顔で寄こせ男」を相手にするとなんとも言えない虚しさを感じるのは、彼が求めているのが、「冷たくあしらってもモテるかっこいい俺!!」という空虚な自己イメージだからかもしれません。

とことんバカにしてますよね、女を人だと思ってないんスよ… なんで生身の女性にそんなこと求めるんでしょうね、バ美肉が流行っておじさん同士で潤いを供給出来るようになったら、男性を苦しめる「存在の耐えられない軽さ」問題に終止符を打つことが出来るんですかね?