大幅にリライトしました!

男友達の難しさ。「男として見る」「恋愛対象」の意味が男と女で違う件

差別男の男女観

差別男の男女観

SPONSERED

登場人物

ブリトニー

ブリトニー

サツキのクラスメイトのぶりっこ。モテくそ地獄の住人。
アイト

アイト

文系学部の3年生。スミレの英語のクラスの生徒。うさぎのムスタッシュは心の友。

ブリトニー

さっきのお店、ご飯もお酒もおいしかったね

アオイ

ブリちゃん、あのさ、このあとオレんち来ない?

ブリトニー

えっと、アイトくんのことは好きだけど、私そういうつもりじゃなかったんだよね。

アオイ

オレ、ブリちゃんのことずっと大切に思ってきたし、よくしてきたつもりなんだけど。オレじゃやっぱり、男として見れないってこと?

ブリトニー

え? (アイトくんのこと女だと思ったことないけど…。)うん、優しいし話合うし、いい友達だって思ってる。だからこれからも…

アオイ

はぁあ!? 都合よく利用してたってこと? もういい、帰る!!

ブリトニー

ちょっと待って!(ずっと割り勘だったのに、私が利用してたってどのへんが? ヤれなきゃ私との時間は全部ムダってこと?)

男と女で違う男女観

男とか女とか関係なく、気が合う人とは仲良くしたいし、価値観の違う人とお話するのは楽しいですよね。

男友達は女とは違う視点の意見を持っているし、ちょっと距離のある付き合いが出来るし、女友達と遊ぶのとはまた別の楽しさがあります。

しかし異性の友達が難しいのは、女は気の合う男友達だと思っていても、相手は恋愛の初期段階だと思っている、ということが頻繁に起こるところです。

その理由には、どうやら男と女の男女観に大きな違いがあるからではないかと思い、ちょっと図を描いてみました。

SPONSERED

女の男女観

まずは女の男女観です。

この男女観は私自身の感覚と、周囲の女友達の言動から推測して描きました。

女の男女観

女の男女観

女の男女観
  • 信頼関係を築いてくれる人、恋愛関係になることが想像できる人、性的に好きな人→深い関係に進む可能性のある人
  • 魅力的な人、一緒にいて楽しい人、興味がない人→とりあえず友達
  • 危ない、不快、怖いので近づきたくない人々→社会の外側でうごめく危ない何か

一応”男女”観としたのですが、個人的な感覚としては、女はあまり男女はっきり意識しない人が多いのではないかと思いました。

もちろん生物学的に男か女か把握出来ないわけではありませんし、最終的には男をパートナーに選ぶ女が多数派かと思います。

ですが私の見た感じ、女は「性別より自分とどんな関係を築く人なのか」を重視しているように感じます。

そして友達と「深い関係に進む可能性のある人」との違いがグラデーションで、関係の濃度で決まるイメージ。

性的関係に対するハードルもこだわりも薄くて、執着心がないから行動に移す人は少ないものの、実は男より規範意識がゆるいのではないかと推測します。

だから、「友達でいよう」と言われたアイトくんが、なぜあんなにショックを受けるのかブリちゃんにはわからないのです。

だって彼女にとって友達と恋人の違いは、関係の濃さの違いでしかないからです。

差別男の男女観

一方、アイトくんの男女観はどうでしょうか。

想像しながら描いてみたら、ずいぶん発想が差別的だなぁと思ったので、タイトルを「差別男の男女観」と変更しました。普通の男は、きっともっとマシなはずです。

差別男の男女観

差別男の男女観

差別男の男女観
  • 男らしさを発揮する男→
  • 男らしさが足りない男→人間
  • 自分が魅力を感じる女→
  • 視界に入らない、入れたくない、不愉快な女→社会の外側でうごめくどうでもいい何か

差別男の男女観に特徴的なのは、社会の大多数を構成するのが「性別のない人々」だと言うことです。

男にとって自分とは、基本的には性別のない「人間」なのです。

「女」との関係を考えたときだけ、「男」を意識する。

彼らは自分たちが中立で、世の中のスタンダードで「普通」だと思っています。

そして「自分が何者であるか」とかジェンダーとかいうのは、社会の外側にたくさんいる「どうでもいい何か」がうるさく主張する過激な意見だと感じています。

SPONSERED

清廉潔白で中立で正しい人間=男(仮)という認識

男は基本的には、「自分は性的ではない」と思っています。

性的なものは恥ずかしくてバカみたいで、ぐちゃぐちゃしていて下品で汚くて怖いことなので、普段はそういうことから切り離された冷静で論理的な自分でいたいのです。

だけど誰かと触れ合いたいと思ったりさみしいと感じると、無性に女が気になるのです。

女は性的な存在だと思い込んでいるので、シモにいる女のことなんて本当は考えたくないのに。

女が気になってしょうがない気持ちは、実は、人と関わりたいという自然な欲求から起こります。

が、なぜかこの欲求は男の中ですべて「性的」と認識され、「女」をネタにした男との親しい関係や、女との性的関係への欲望へなだれ込んでいくのです。

その結果、男の対人関係は過剰に「性的」に彩られてしまうのですが、意識の上では性と自分は切り離されていて、清廉潔白で中立で正しい人間だと思っているのです。